両想い診断で好きな人の気持ちがわかる?恋のチェックポイント15選

  • 「これって両想い?」と思った瞬間

    好きな人と両想いになると、これって両想いなんじゃないかな?と思う瞬間はあるものです。ここでは「これって両想い?」と思う瞬間のエピソードをいくつかご紹介していきます。

    よく目が合う


    「今付き合っている彼氏とは、職場で本当によく目が合ったんです。かっこいい人だなと思ってついつい見てたんですけど、相手の視線にもなんとなく気持ち的な要素を感じて。あ、両想いかもと直感しました。」(20代女性)など、よく目が合うので両想いじゃないかと思った女性も。

    目が合うとお互いの気持ちがわかるものです。目が合った時に、お互いに恋愛感情があればなんとなく気づきます。好きな人があなたのことをどう思っているか知りたいときは、あえて目を見て話すといいかもしれません。

    一緒にいると楽しそう


    「彼女はいつも楽しそうだったので、いつもあんな感じなのかなと思ったんですけど、どうやら自分と一緒のときだけみたいで。他の同僚と話す彼女を見て、両想いかもしれないと思いデートに誘いました。」(20代男性)など、一緒にいるときの彼女がとても楽しそうだったから両想いだと思ったという男性も。

    好きな人と一緒にいる時間は特別幸せに感じるものですよね。あなたと一緒にいるときに、好きな人がとても幸せそうな感じがしたらそれは両想いのサインかもしれません。

    「今度行こう」という会話がよくある


    「彼氏とは行きたい場所がよくかぶってたんです。あそこも行きたいね、ここも行きたいねという話をしているうち、向こうから『じゃあ今度一緒に』って。私も一緒に行きたかったら、両想いなのかもってうれしくなりました。」(30代女性)など、行きたい場所の会話が多かったので両想いだと思ったというエピソードも。

    好きな人とはプライベートでどこかに出かけたくなります。一緒に行きたい場所の話題が頻繁に出て、誘ってくるようであれば両想いの可能性が高いでしょう。

    用もないのに会話しにくる


    「前の彼女とは職場が一緒で、よく話しかけてくるなと思ったんです。残業が多い職種だったから気分転換かな、と思ったんですけど話しかけてくるのが俺だけで。あ、彼女も俺のこと好きなのかもって気づきました。」(30代男性)など、職場などで用もないのによく話しかけてくることで両想いに気が付いたという男性も。

    確かに職場などに長時間いると、気分転換に誰かに話しかけたくなります。ただ話しかけるだけの相手があなたばかりだといった場合は、両想いの可能性が。話かける頻度も両想いを気づくきっかけになるようです。

    行きや帰りに一緒になりやすい


    「まだ付き合っていないころ、彼とは会社の行き帰りによく一緒になるな、と思ってたんです。ひょっとしてタイミング合わせて来てるのかなと思ってたんですが、後から聞いたら同じタイミングになるよう狙ってたそうです(笑)」(30代女性)など、会社などの行き帰りによく会ったときに両想いかもと思った女性も。

    行き帰りや休憩のタイミングなどは、両想いの場合一緒になりやすいです。相手もあなたのことが好きなので、行動をよく見ている可能性があります。一緒に行動することが多いということは、それだけ関心が高いということでしょう。

    好きなものがかぶりやすい


    「彼女と両想いかなと思ったキッカケは、彼女のデスクにも僕の好きなキャラクターが置いてあったからです。最初はたまたまかなと思ったんですけど、僕が買ってくるお菓子とかペットボトルとかわりとかぶることが多くて。おすすめしたのだったからうれしかったです。」(20代男性)など、好きなものがだんだん似てきて両想いかもと思ったという男性もいました。

    両想いになってくると、だんだん好きなものや行きたい場所がかぶるように。お互いに好きなものなどを共有するようになるので、こういったことが起こります。