別居した夫婦の復縁率はどれぐらい?復縁を成功させる方法を紹介!

別居をしてしまった夫婦の多くが離婚をする中、復縁を果たす夫婦もいます。もし復縁を希望するならどのくらいの別居期間で果たすべきでしょうか?この記事では、別居した夫婦の復縁率に迫り、復縁を成功させるためにすべきことをまとめてご紹介します!

  • 別居後に復縁する夫婦は意外と多い?

    別居をしてしまうほど喧嘩をしたのに、復縁をする夫婦は意外と多いようです。なぜ離婚に至らず復縁をすることができたのでしょうか?夫婦はいくら仲が良くても、離れるだけで気持ちも離れてしまうことがあります。単身赴任がきっかけで不仲になるパターンも多いです。

    今現在別居中で復縁を願っている人にとって、復縁率は気になるところかと思います。まずは、別居した夫婦の復縁する確率を詳しく見ていきましょう。

    別居した夫婦が復縁する確率はどれくらい?


    別居をした夫婦が復縁する確率は約40%だと言われています。別居した夫婦の半分以下の確率ですが、「意外と多いな」という印象ではないでしょうか?この復縁率を見ると、離婚と復縁は紙一重である可能性も考えられますよね。

    もちろん別居をした原因も離婚に大きく関係するはずですが、よくある夫婦喧嘩で家を飛び出してそのまま別居をしてしまった場合はどうでしょう。復縁を諦めてしまい離婚してしまう夫婦も多いですが、「復縁すれば良かった…」と後悔している夫婦も中にはいることも予想できます。

    別居期間と復縁率は大きく関係している


    復縁率には、別居期間が実は大きく関係していることも分かっています。長くなればなるほど復縁率は下がり、「復縁したい」と言い出せなくなることも予測できます。

    夫婦喧嘩をして子どもを連れて実家に戻る妻、自宅に戻らずホテルに閉じこもる夫など色々な別居のパターンがあります。夫婦が離れることを「冷却期間」と呼んだりしますが、本当に離婚をするつもりがないなら、早く復縁を持ち掛けるべきなのでしょう。

    別居から離婚をする確率の方が高い!


    最近では色々な形を取る夫婦がいます。別居しながら夫婦生活を続ける「月イチ夫婦」はかなり変わったパターンですが、実際に存在しています。家庭内別居をしながら夫婦の形を崩さない2人もいます。

    夫婦喧嘩ばかりしている2人に「冷却期間を置いた方がいい」とアドバイスを送る人もいるでしょう。ただ、別居をした夫婦は60%の確率で離婚に至ってしまうので、安易に別居を決めてしまうのは危険だということを、まずは頭に入れておいてください。
  • 別居してから復縁までの期間はどれぐらい?

    では、復縁できた夫婦はどのくらいの別居期間で元さやに戻れたのでしょうか。冷却期間を置きたいと考えている人は、離婚を決断する前に復縁への道も把握しておいてください。

    離婚に至ってしまう夫婦のほとんどが、「ほんの数週間のつもりが長引いてしまった」と感じています。不本意のまま離婚しないためにも、復縁率の高い別居期間を把握しておきましょう。

    復縁率が最も高いのが1ヶ月


    別居期間およそ1ヶ月くらいが最も復縁率は高いです。ほんの1ヶ月とはいえ、ずっと一緒に暮らしていた夫婦にとってはかなり新鮮で、1ヶ月もあればイライラしていた気持ちもクールダウンされます。

    「実家に戻ります」と出て行った場合も1ヶ月ほど滞在すると、元の生活に戻りたくなるもの。プチ家出ならぬプチ別居という期間は、夫婦喧嘩が続いてしまった夫婦にはちょうどいい冷却期間になるようです。

    意外と長いけれど復縁率が高い!別居期間3ヶ月


    復縁率が高いのは、別居期間3ヶ月以内と言われています。ほんのちょっと別居をするつもりが長引いてしまうパターンが多く、3ヶ月ほど経ってしまうと生活費も厳しくなってしまうなど色々な問題が起きる頃です。

    現実的になることで冷静な気持ちを取り戻し、夫婦の在り方を見つめ直すちょうどいい期間にもなるでしょう。周囲の人からアドバイスをもらい、「3ヶ月以上は長引かせてはいけない」という考えも生まれる頃でもあります。

    半年以降は復縁率が下がる傾向に


    別居をしたきっかけが重い内容の夫婦は、3ヶ月で復縁できないこともあります。ただ、半年という別居期間はかなり長く、復縁率も半年以上になると下がる傾向に。そして半年も別居をすると「離婚をするのか、復縁をするのか」と決断を迫られるものです。

    夫婦が半年もの間別居をすると、すっかり気持ちが冷めてしまい、切り崩していた貯金も底をついてしまう頃でもあります。そこで夫婦が歩み寄ることは難しいのかも知れませんが、復縁したいと願う人は「これ以上は延ばせない」と感じるはずです。

    別居期間1年の復縁率はほんのわずか


    夫婦の事情によっては1年の別居を経て復縁に至る人もいます。別居期間1年の復縁率はかなり低く、離婚に持ち込みたい人は1年別居へと何とか延ばす人もいることは確か。そんな中でも復縁する夫婦がいる事実に驚くかもしれません。

    ほとんどの夫婦が離婚をする中、復縁率を上げるためには何か努力をしたことも予想されます。もし復縁が諦められないのなら、納得するまで夫婦の話し合いを持つべきなのではないでしょうか。

    復縁は厳しい別居期間2年


    かなりレアですが、別居期間2年を経て復縁をする夫婦もいます。2年も別居をした夫婦は離婚率の方が明らかに高いです。中には別居生活を続けながら夫婦として成り立たせるカップルもいますが、夫婦それぞれの事情を考慮しながらどのような復縁の形を取るのか話し合う必要があります。

    3年の別居からの復縁する夫婦はいる?


    半年以上別居をすると復縁率はどんどん下がりますが、3年以上別居をした夫婦が復縁することも無くはありません。逆に、3年も別居をしたのに離婚しなかった理由が問われるくらいではないでしょうか。

    ただ3年もの別居生活を送ってしまうと、すっかり別の人生を歩み始めているかもしれません。そこから復縁させるにはかなりの努力が必要です。離婚をしなかった理由こそが復縁したい理由でしょう。