「距離を置く」といわれても復縁できる?復縁のポイントを徹底解説!

  • すぐに別れないための正しい距離の置き方

    距離を置くと別れてしまうこともありますが、すぐに別れないためにはどういう風に距離を置くといいのでしょうか。大好きな恋人に距離を置きたいと言われたら動揺してしまいますが、感情的にならず、落ち着いて対応しましょう。正しい距離の置き方をご紹介します。

    距離を置く期間を決めておく


    すぐに別れないためには、距離を置く期間をあらかじめ決めておきましょう。復縁することを前提に一時休息という形をとると安心です。復縁することを前提に距離を置かないと、距離を置きたいと言われる方は辛いですし、納得できないことも。

    距離を置いている間は一切連絡しない


    すぐに別れないためには、距離を置いている間は一切連絡しないようにしましょう。復縁を考えて距離を置こうと思っているのに、その間になんども連絡を取ろうとされると、一人で考える時間に集中することができず、「もういいや」と別れたくなってしまうかも。

    距離を置いている間に他の異性と遊ばない


    距離を置いているからといって、その間に他の異性と遊ばない方がいいかもしれません。距離を置きたいと言われた方は辛いですが、相手はあなたと復縁することを前提に考えている可能性が高いです。

    それなのに相手が一人で考えている間に、寂しいからといって他の異性と遊ぶようでは、「誰でもいいんだな」と思われても仕方ないかも。復縁を望むなら、距離を置くと言われても、別れるまでは他の異性とのコンタクトは控えた方がベター。

    復縁することを意識する


    すぐに別れないためには、距離を置くことになった時に、復縁することを意識しましょう。復縁することを意識して距離を置くと、「相手の良いところを思い出そう」「付き合い始めの初々しい気持ちを思い出そう」とポジティブなイメージを思い出すはず。

    そうすると距離を置いている間に相手のことが恋しくなり、早く復縁したいと思うでしょう。距離を置いている間でも連絡を取るカップルは、二人の良い思い出をシェアしあうといいかも。

    復縁に向けて自分磨きをする


    すぐに別れないためには、距離を置いていある間、復縁に向けて自分磨きを頑張りましょう。恋人とのコンタクトがない間に、相手がびっくりするほど綺麗になったりかっこよくなったりすれば、復縁してよかったなと思われ、別れることにはならないはず。