「距離を置く」といわれても復縁できる?復縁のポイントを徹底解説!

  • そもそも「距離を置く」ってなに?

    そもそも付き合っているのに距離を置くとはどういうことなのでしょうか?辞書を引いても的確な答えは載っていませんし、距離を置くというのは人によって様々な意味合いを持ち、定義するのが難しいです。

    距離を置く=別れるか迷っている状態


    距離を置くというのは、一般的に別れるか迷っている状態のことを指します。ハッキリ別れるとまではいかないけれど、今の気持ちのままでは付き合っていくのが難しい時に、距離を置くという選択をします。

    恋人になりたての、フィルターがかかりまくった目で付き合っているラブラブ期をすぎると、真面目に付き合っているカップルは将来の事を考え出すはず。その時に一度自分の気持ちや自分の価値観を整理するために、距離を置くという人もいるようです。

    別れたとしても復縁の可能性は高い!


    距離を置くことになって、その結果別れることになってしまっても、復縁の可能性は高いです。距離を置くというチョイスができるカップルは、一時的な感情に流されて別れたりすることが少ないので、対等に話し合うことができるでしょう。

    そういうカップルならば、たとえ別れても、復縁のためにはどうしたらいいのか、相手にはどうしてほしいかをはっきり言葉にして伝えることができ、改善点が見つかる事が多いです。

    距離を置くことで冷静になる


    距離を置くと、恋人とコンタクトを取ることができないので、自分も自分の気持ちと向き合うことができますし、二人が付き合っていく上で大切なことを考えたり、相手の気持ちに想いを馳せたり、冷静になって二人の関係性を見直すことができます。

    距離を置くことで相手の良い所を再確認できる


    最近喧嘩が増えてしまったカップルや、相手の嫌な所ばかりに目がいくようになってしまったカップルは、距離を置くことで、相手の良い所を再確認することもできます。

    好きな人が自分のことを好きでいてくれるというのは、とても特別で幸せなことですが、付き合っていくとどうしても相手の存在が当たり前になり、感謝の気持ちがなくなってしまいがち。そんなときに距離を置くと、相手の存在が当たり前にあることに感謝できるようになるかもしれません。