既婚男性の「好意のサイン」はコレ!職場女性への脈あり行動とは?

  • 既婚男性から好意を寄せられた時の「3つの選択」

    既婚男性から好意を寄せられたときは、どのような選択肢があるでしょうか。不倫関係と一言で言っても、配偶者とは離婚前提の別居中だったり、本気の恋だったりと色々です。ここでは、いくつか考えられる選択肢を提示していきます。

    思い切って不倫関係に


    既婚男性から好意を寄せられて、まんざらでもない場合は「思い切って不倫関係になる」という選択をするのも良いでしょう。不倫関係といっても、本気の恋もあるなどカップルによって様々です。

    配偶者との関係性が破綻している、相手のアプローチも本気度が高い、などの理由があり、あなたもその好意に応えたいと思っている場合不倫関係に突入することも悪くはない選択です。ただし独身男性との恋愛よりも、様々な障害があることは覚悟しておく必要があります。

    お互い遊びの「一回きりの関係」


    既婚男性からアプローチされて、女性の方も特に嫌なわけではない場合、「一回だけ割り切って遊ぶ」という選択肢も。その場合は完全に遊びとして割り切る必要があるので、一度だけセックスしたら後はなかったこととして処理する精神力が必要になります。

    ただし「あわよくば」という欲望が実現してしまった既婚男性は、これに味をしめて度々声をかけてくるようになるかもしれません。流されてズルズルと泥沼化しないよう気を付ける必要があります。

    異性としては距離を置く


    既婚男性から好意を向けられ、迷惑に感じた場合は異性として一歩距離を置くようにしましょう。「あなたは職場の同僚であり恋人の対象ではない」ということを、言葉や行動ではっきりと示すことが大切です。

    既婚男性も危ない橋を渡るのは嫌ですから、たいていの既婚男性は少しでも拒絶されれば引いていきます。中にはしつこい既婚男性もいますが、そのようなときは一人で解決しようとせずに周囲の助けを借りることも大切です。