既婚男性の「好意のサイン」はコレ!職場女性への脈あり行動とは?

  • 既婚なのに女性に好意を寄せる男性心理とは?

    既婚男性は既婚なのだから、配偶者がいるはずです。配偶者という愛すべき存在がいるはずなのに、なぜ他の女性に手を出そうとするのでしょうか。ここでは既婚男性が、配偶者以外の女性に好意を寄せるときの心理についてお伝えしていきます。

    不倫関係になりたい


    「妻とは子供ができて以来ご無沙汰なんです。ベタベタな話ですが性欲がたまっていて、職場で可愛い子を見るとついつい話しかけたくなってしまう。」(30代男性)など、配偶者の妊娠や出産などをきっかけにセックスレスになったからという男性も。

    子どもができるとセックスレスに陥る夫婦は多いです。セックスレスの期間、妻に女性を感じない、性欲が我慢できないなど、夫側のストレスが高まります。結果、職場などで出会う好みの女性との不倫関係に発展してしまうということのようです。

    お気に入りの可愛い後輩


    「特にセックスしたいとかではないんです。できたらしたいですけど。ただ好みの女の子可愛いなーってだけです。可愛い子とは話したいでしょう?」(30代男性)など、ただ単に女性が可愛いから話したいだけ、という男性もいました。

    女性と話すのがもともと好きだという男性にとって、女性を可愛がることは日常茶飯事なのです。セックスや不倫はその延長上であわよくば、できればいいなという感じなのでしょう。

    年下の可愛い女性と話したい


    「家に帰って待っているのは自分と同年代の妻でしょ。時には若い可愛い女性と話したいもの。別に付き合いたいとかじゃなくて、若い女性を可愛がりたいの。それだけ。」(40代男性)など、若い女性を可愛がりたいだけという男性も。

    とはいえ、おそらくこの男性も「あわよくば」を狙っていないとは言い切れません。年下の可愛い女性を可愛がりたいだけ、というおじさんの言葉を鵜呑みにするのは危険なこともあるので、気を付けましょう。

    可愛い女性全般にモテたい


    「女の子にモテたいんですよ。職場の可愛い女性に「素敵」とか「頼りになる」とか言われたいんです。おっさんだけど、いつまでも女性に構ってほしいんです。」(40代男性)など、とにかく女性にモテたいという意見も。

    多くの女性にモテたいというのは、男性の本能なのかもしれません。モテたい欲求が強い男性は、結婚しているしていないに関係なく女性との交流は持ち続けたいもの。ただしこういった男性は複数の女性と不倫関係に発展している可能性もあるので、要注意です。