好きな人に意地悪しちゃう男性心理とは?あるある行動&対処法を紹介

  • 意地悪を本当にやめてほしいときは?

    男性からの意地悪が本当に嫌。男性に対して好意がないからただただ嫌なだけでやめてほしい…そんなときの対処方法をご紹介します。

    本気で嫌という態度を見せる


    嫌なものは嫌だと本気で言葉と態度で示しましょう。意地悪されてもうやむやな態度で流しているだけでは、男性も本当に嫌なのかわかりません。あなたが嫌がっていることに男性が気付いていないなら、言葉で「本当に嫌だからやめて!」と少し怒った素振りをして言いましょう。

    よほど空気が読めないか本気で嫌がらせをしていないのであれば、意地悪もしないようにしてくれるでしょう。それでもずっと意地悪をしてくるならただのいじめですから、距離を置くようにするといいですよ。

    彼氏を作る


    彼氏を作ってしまえば意地悪をしてくる男性も諦めざるを得ません。意地悪をして会話のきっかけを作ったところで今後恋人になれる可能性はほぼないからです。

    言葉や態度で嫌ということを示すのが男性を傷つけてしまいそうで不安だから、なるべく自然と諦めて欲しいという場合は、思い切って彼氏を作っちゃいましょう。

    そんな簡単に彼氏を作るなんてできないという場合は、男性に聞こえるように彼氏がいると思わせる話を友達としてみたりするといいですよ。彼氏と買い物にいったとか、そんな話で十分です。

    男性の前で泣いて嫌な気持ちを表す


    言葉で言って意地悪が嫌ということが伝わらないなら、本気でちょっかいを出されることが嫌で困っているということが、見て分かるように、男性の前で泣きましょう。

    その場で涙を流すのは難しいかもしれませんが、悲しいことを思い浮かべたり本気で嫌だという気持ちがあれば自然と涙ぐんでくるでしょう。

    男性は好きな人が泣くほど嫌なんだと分かればすっぱりと意地悪をやめてくれるはずです。

    男性と距離を置く


    男性と会う可能性の高い時間帯はなるべく違う場所にいるようにするなど、会う頻度を減らして距離を置きましょう。会うことがそもそもなければ意地悪される心配はありません。

    距離を置くだけでは会ってしまったときに意地悪される可能性はありますが、距離を置くことで意地悪を受ける回数が減るならストレスも緩和されていくでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)