好きな人に意地悪しちゃう男性心理とは?あるある行動&対処法を紹介

  • 好きな人に意地悪しちゃう男性心理とは?

    好きな人なのに意地悪をしたくなってしまうのはなぜなのでしょう?本来なら意地悪をしたらあまり良くないと思うはずなのに、あえて好きな人に意地悪をしてしまう男性の心理をリサーチしてみました。

    意地悪をしたくなってしまう心理が分かれば、意地悪をしてくる男性からどんなふうに思われているのかの参考になるでしょう。

    話のきっかけが欲しい


    好きな人が相手だと緊張してしまい、挙動不審になってしまいそう。そんな心理が働いて好きな人に意地悪をしてしまいます。ちょっかいを出せば何かしらの反応が貰えるので、話のきっかけにしやすいのでしょう。

    意地悪をして話のきっかけを作らないと素直に女性と話せない草食系の男性に多いです。ただ、明るい男性にも意地悪をする人はいます。その場合はとにかくちょっかいをだしてからかっているだけです。

    話のきっかけづくりは案外難しいもの。意地悪をすれば反応は返ってくるので、手軽に話のきっかけづくりをしたくてちょっかいを出すのでしょう。

    優位性を高く保ちたい


    好きな人に意地悪をする男性は、好きな人にも優位性を高く保ちたいという心理が働いています。惚れている弱みを見せることで、プライドに傷がつくからです。

    好きな人からのアプローチはないのに自分は好きでたまらない…その意識が負けているような感覚がして、意地悪をして自分のほうが優位だと思いたい心理なのでしょう。

    意地悪された時の好きな人の反応を見たい


    男性には好きな人のカワイイ反応をみたいという心理があります。嫌がっている反応、カワイイ反応を見て男性は満足したいのです。

    意地悪をされたときの表情や反応を色々見たくて、いろんな意地悪を仕掛けてくることもあるでしょう。ただ好きな人を困らせたい、嫌がらせをしたいというわけではなく、カワイイ反応を見たいという心理なのです。

    自分への気持ちを確かめたい


    普通、意地悪をされたら迷惑がって嫌がったりします。でも、好意があれば笑ってくれるし恥ずかしそうな素振りをするものです。男性はその反応の有無で、自分への気持ちを確かめようとしています。

    意地悪、ちょっかいを出すのはある意味コミュニケーションの一つのようなもので、気持ちを確かめるための男性ならではの方法なのでしょう。

    もし、反応が薄ければそれ以上の意地悪をされることはなくなります。反応がよければそれ以上のちょっかいも出して、さらに好意を確かめようとする場合もあるでしょう。

    好きな人にかまってほしいから意地悪する


    好きな人に男性が意地悪する心理で一番の理由になるのは、かまってほしいからです。かまってほしいなら言葉で示せばいいのに…と思いますが、不器用な男性はそれができないのです。

    ちょっかいを出されたら女性も無視はできないし、それが分かっているから男性は好きな人に意地悪してしまうのでしょう。

    ただ、鈍感な女性や男性に何の気もない場合には、ちょっかいを出されるのが迷惑と感じてしまうこともあります。ですが、男性は好きな人から意地悪されると「かまってアピール」と感じてちょっとうれしくなるようです。

    告白する勇気がない


    好きな人にちょっかいを出すのは、男性の心理として見てみると防衛本能のようなものだと言われています。告白をしてしまったらもしかするとふられて、今後話せなくなってしまうかもしれない…。

    そんなふうに思ってしまうので、ちょっかいを出すことで関係を続けようとしています。告白する勇気がないけど少しでもつながりを持っていたいために、意地悪をしてしまうのです。

    草食系の男性にはこういう心理を持っている人が多いです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)