好きな人に意地悪しちゃう男性心理とは?あるある行動&対処法を紹介

男性が好きな人に意地悪をしてしまうのにはどんな心理が働いているのでしょうか。好きな人に意地悪をしてしまう男性の特徴や意地悪6パターン、男性からの意地悪へのうまい対処法ややめさせ方などをご紹介。意地悪な男性の心理がわかれば恋愛成就のチャンスにもなります。

  • いくつになっても男性は好きな子に意地悪しちゃう?

    好きな人にちょっかいを出して意地悪をしてしまうのは子供だけじゃない?意外と大人の男性にも好きな人に意地悪をしてしまう人がいるんです。かまって!と、ちょっかいを出してくるのはいいけど、意地悪されて振り回されては、ときには疲れてしまうこともあるでしょう。

    そもそも、なぜ男性は好きな人にちょっかいを出してしまうのでしょうか?その心理・本音はなんなのでしょう。また、意地悪されたときのうまい返し方や、やめてほしいときの対処方法などについてもご紹介いたします。

    男性にちょっかい、意地悪をされているけどその心理がわからない…という方や、意地悪をやめてほしいけどどうしたらいいか分からない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 男性が好きな子にしちゃう意地悪6パターン

    男性が好きな子に意地悪するとき、どんなふうにちょっかいを出してくるのかよくある意地悪を6パターンピックアップしてみました。こんな意地悪を男性にされたことがあるという方は、もしかしたら好かれていたのかもしれませんよ。

    ささいなことでからかってくる


    見た目のちょっとしたことや失敗、言動などをズバズバと突っ込んでくる男性。女性が嫌な思いをしていても男性はそれに気付いていません。男性はまだまだ子供の人が多いので、遊んでいるつもりなのです。

    からかうことで話のきっかけが欲しいとさえ思っています。不器用なので素直に好きな子に話しかけようとするのではなく、ささいなことをからかって話のきっかけづくりをしたり、振り向いて欲しくてやってしまうのでしょう。

    話しかけてもそっけなくされたり無視をする


    話しかけても会話を楽しもうとせず、適当な返事しか返ってこず突っぱねられてしまうことがあります。でも、それは好きな子のことを嫌って意地悪しているわけではないのです。

    会話をすると好きな気持ちがバレてしまいそうになり、変な目で見られたり周りからちょっかいを出されるのでは…そういう思いからそっけない態度になってしまうのでしょう。

    男性にはプライドが高い人が多いです。だから余計に好きな子と話せて喜んでいるところを見せられないし、浮かれた態度をしたくないもの。「好き」がバレたくないからこその行動です。

    かたくなに褒めようとしない


    仕事の頑張りやオシャレをまったく褒めず、むしろ批判したり攻撃的になって意地悪する男性がいます。「せっかく頑張ってるのにひどい」と思ってしまいますが、男性は好きな人を褒めたくても褒められないのです。

    本当は褒めたいと思っているのですが、ベタ褒めしすぎてしまうと好きな人に夢中なことが周囲にバレてしまうのでは…と、逆に意地悪するようになってしまうのです。

    つまり、本心を隠すための行動がうまく出来ず、意地悪になってしまうということですね。

    髪の毛を触ってぐちゃぐちゃにしようとする


    ふいに髪の毛に触ってきたり、ぐちゃぐちゃにするような意地悪をすることがあります。女性としては朝きちんとセットしてきたのに、ぐちゃぐちゃにされたら少しムッとしちゃいますよね。髪をセットするのは時間がかかるので、大きなリアクションをとってつい怒ってしまいがち。

    でも、男性が髪の毛・頭に触りたくなるのは好きな気持があるからなのです。でも、好きな気持ちを言葉にすることができないので、髪の毛を触りぐちゃぐちゃにするという意地悪になってしまうのでしょう。

    避けられる


    男性と仲良くなりたくて話しかけても、そっけない態度をされるし自分とは鉢合わせないように行動され、避けられていると感じることがあります。でも、その意地悪も好きの気持ちがあるから。

    男性としては嫌いではないけど好きな人をなんとなく避けてしまうのです。避けるというのはされているほうは意地悪に感じてしまいますが、男性が素直になれないからこそ無意識に避けてしまっているのでしょう。

    目を合わせない


    人とのコミュニケーションは目を合わせるものです。でも、男性は好きな人と目を合わせないことがあるのです。好きな人が相手では目を合わせることができず、話しかけても目をそらされたりずーっとスマホを見ながらということも。

    まるで無視をされているような行動に意地悪されているのだと思ってしまいますが、ただ単に男性は恥ずかしくて好きな人と目を合わせることができないのです。

    恥ずかしいとついニヤッとしてしまって、好きな人に不審がられるかも…そう思うと、目を合わせないようにしてしまうのでしょう。