告白の返事を保留された…「考えさせて!」はOKの可能性はある?

  • 告白の返事の保留期間にしてはいけない行動とは?

    脈なしから脈ありまでに持っていくことができるのと同様に、逆に脈ありであったのに脈なしになってしまうケースもあります。

    このような残念なケースを避けるために保留期間中にしてはいけない行動がいくつかあります。

    SNSで意味深なつぶやき


    SNS上であなたが急に意味深なつぶやきをしてしまうと、相手に気持ち悪がられてしまう可能性があります。

    あなたがもし誰に対してとは言ってないはいなくとも、相手に向けて書いたような文章をSNS上に投稿すれば、うっとうしかったりウザいと思われかねません。

    背景を真っ黒にして小さい文字で何かコメントを書くなどの病んでるようにみられる行為も、相手があなたを嫌になるきっかけになり得ます。

    いとも簡単に関係が悪化してしまう可能性もあるため、SNS上の発言には十分気をつけましょう。

    周りに保留されたことを話す


    友人など周りの人に告白したこと、保留されていることを言いふらすのはやめましょう。

    また、告白した相手の親しい友人に、彼/彼女は何か告白について話していたかなどを聞き、探りを入れることもよくありません。

    相手が言いふらされたことを知れば、あなたが相手のことを考えない人と思われ、信頼を失うことにも繋がります。そこから相手が一気に冷めてしまう可能性もあります。

    返事の催促をする


    早く返事が欲しいという気持ちはわかりますが、焦りは禁物です。

    返事をせかしてしまうと自分のことばかり考えている人と思われ、失敗に終わってしまう可能性が高まってしまいます。

    相手は時間をかけて真剣に考えてくれていると信じ、辛抱強く待つことが懸命です。

    何もなかったように振る舞う


    何もなかったかのように振る舞うのもNGです。

    返事を悩んでいるときに、あなたが何もなかったように振る舞うと、相手は真剣に悩んでいたことが馬鹿らしく思えてきてしまう可能性があります。

    そうなると、せっかく相手が一旦保留にしてよく考えてくれていても、やっぱりいいやとなってしまい告白の成功率は下がってしまいます。