告白の返事を保留された…「考えさせて!」はOKの可能性はある?

  • 告白の返事の保留期間にするべき行動とは?

    保留期間中は居ても立っても居られないものでしょう。

    しかし、保留期間中のあなたの言動は意外にも大変重要なものだったりします。脈なしから脈ありまで繋げることも可能です。

    普段通りに接する


    やはり告白の返事を保留されている期間中は、相手の前で平常心を保てなくなってしまう人は多いでしょう。しかしながら、断られたわけでもないのに不自然に距離をとったり、よそよそしい態度をとるのはやめましょう。

    相手も気まずくなってしまい、その結果振られてしまうかもしれません。残念な結果を避けるため、当たり前ですが普段通り接することに努めることが望ましいです。

    相手を困らせるような行動は取らない


    例えば、ずっと相手を見つめたり、あえて二人っきりになるようにするなどプレッシャーをかける行為は控えましょう。

    保留期間中の相手をうんざりさせるようなマイナスな行為は相手があなたに幻滅してしまう原因にもなり得ます。

    相手が告白の返事を保留して、考えているというのは、言ってみれば「あなたを見定めている」のと同じことです。

    返事を待っている間にあなたが起こすアクションには毎度リスクがともないます。
    告白に対する返事を真剣に考えてくれていると受け止め、相手が返事をくれるまで辛抱強く待ちましょう。

    返事をもらえるまでは連絡しない


    告白保留期間中にわざわざ連絡をして、プレッシャーをかけて急がせるよりは、落ち着いて静かに答えを待った方が相手に好印象を与えることができます。

    告白をして相手に待って欲しいと言われ、それを受諾したのなら、やはり告白した方は黙って返事を待つのが礼儀でしょう。

    しかし、だからと言って相手から何か連絡がきた場合には返事をするべきです。

    相手もあなたのことをもっと知ってから告白の返事について考えたいと思っているはずなので、無視だけは絶対にしてはいけません。

    保留を前向きに考える


    告白の返事を保留にされたということは、悪い返事をもらうかもしれない可能性があると同時に、よい返事がもらえる可能性もあります。

    その告白の場で即座に断らず、保留にしてくれたというのはあなたのことを真剣に考えてくれている証拠です。

    過度にネガティヴになる必要はありません。

    友人と遊んだり、趣味の時間に費やすなどして必要以上に告白の返事について考えすぎるのを避けましょう。

    しかし、どうしても相手のことが気になってしまい、相手との接触を持ちたい場合は、二人きりになるのではなく他の友達を含めて出かけることをおすすめします。