告白の返事を保留された…「考えさせて!」はOKの可能性はある?

  • 告白の返事を保留する人の心理とは?

    わざわざ告白の返事をその場ですることなく保留にしたのには必ずそれなりの理由があるはずです。

    返事を保留にした心理についていくつか紹介していきます。

    相手を好きかどうか分からない


    相手のことを今まで異性として見ていなかったり、そこまで話したことがなかったりするなど、今まで恋愛対象として捉えてなかった場合、告白を受けても即答できないことも。

    告白をされたのが突然で、あなたのことが好きなのかどうか、まだよくわからないからという可能性もあります。

    まさか告白されるとも思っていなかったために驚いてしまい、一旦自分を落ち着かせるために保留したのでしょう。

    今の関係を壊したくない


    友達としてあなたと一緒にいることが楽しいと思っていた場合、告白をOKし、恋人になることで、今までのように気軽に遊んだり、話したりできなくなるのではと危惧してしてしまっているのかも。

    従来通りの関係性を続けるにはどう返事をすれば良いのか、恋人同士になっても変わらず付き合っていけるかなどを考えるために一旦保留にしたという可能性もあります。

    軽い人だと思われたくなかった


    告白されてすぐにOKと返事をすることで、告白してくれば誰でもよかったと考えている軽い人と勘違いされることを恐れていたのかもしれません。

    告白に飛びつく人というレッテルを貼られるのを避けるために、一旦時間を置いて返事をしようと考えているのでしょう。また、保留して時間をかけて考えることで、真剣さをアピールしたかった可能性もあります。

    勇気が出なかったから告白の返事を保留にした


    告白を断りたかったけれど、勇気が出なかったから返事を保留にした…という場合も残念ながらないわけではありません。

    告白された際に断りたくとも申し訳なさを感じてしまい、逃げる形で「考えさせて」と返事してしまう人もいるようです。

    一度返事を後回しにしてしまうと、余計に返事をしづらくなってしまうもの。告白してからいつまでたっても返事がこないな…という場合、その本音はNOである可能性が高いようです。

    恋愛経験がなかった


    恋愛経験が全くなく、自分に自信がないという人ももちろんいます。このタイプの人は、恋愛や付き合うことに対して難しく考えてしまっているようです。

    そのような人にとっては告白を受けるのが初めてだったりもします。そうなると告白の返事をするにもすぐにして良いものなのか、それとも時間を置いた方が良いのか、そもそもどうして自分なのかなどと何事も深く考えてしまうのです。

    相手を焦らしてみたい!


    逆に恋愛経験が豊富であると、本当は自分も好きで告白をOKするつもりでも、相手をじらすために告白の返事を保留にする人もいます。

    付き合うつもりだけれど相手がどれほど自分に対して真剣であるかを確かめようとする人、相手の気持ちをもてあそぶ癖のある人は返事を保留にしてじらすんだとか。告白した側からすれば、たまったものではありませんね!

    そもそも「告白」として認識してない


    稀なケースですが、そもそも「告白」と認識されていない時もあります。

    この場合、保留というよりは相手はそもそもあなたが告白したことに気づいておらず返事をしていないということになります。

    会話の弾みであったり、ほぼ独り言のように言ってしまったらもちろん相手はあなたが言わんとしていることに気づきません。

    確かに恥ずかしくてサラッと言っただけだったかもと心当たりがある方は、もう一度しっかり告白をしてみるのがよいでしょう。