恋煩いの意味とは?男女別のあるある症状・治し方まで解説!

  • 恋煩いの治し方はこれ!

    恋をすることは素敵なことですが、好きな人のことを思う気持ちが強すぎるあまり、心や体が苦しくなる時もあります。病のようで病でない恋煩いですが、恋煩いの治し方はあるのでしょうか?

    実際の病気ではないので特効薬は存在しませんが、辛い恋煩いを少しだけ軽くする方法をいくつかご紹介します。

    泣ける映画ですっきり


    好きな気持ちが報われなかったり、会いたいのに会えないなど、自分の努力ではどうしようもないような時もありますよね。恋煩いをしていると、言葉にできない重く切ない気持ちになるものです。

    そんな時にオススメの治し方は、悲しい映画を見て思いっきり涙を流すことです。恋愛映画でなくても構いません。泣くことが目的なので、とにかく号泣できる映画であれば何でもいいのです。自分のモヤモヤした気持ちを洗い流すようなつもりで、悲しい場面では大いに泣きましょう!

    思いっきり涙を流した後は、きっとすっきりした気分になれますよ。

    思い切って告白


    恋煩いをしている人の中には、片思いしているけど前に進めない、相手の気持ちが分からずどうしていいか分からない、と苦しんでいる人もいるでしょう。相手の気持ちあってのことなので、いくら考えても自分一人で答えを見つけることはできません。

    このようなケースの場合、思い切って告白してしまうことをオススメします。

    もちろん、好きな人に告白するのは勇気のいることです。もしかしたら振られるかもしれないという不安もありますよね。だけど、どんな返事をもらえるかは告白してみないと分かりません。告白して現実がはっきりすれば、きっと今より気持ちが軽く、楽になることでしょう。

    恋人がいない友達と出かける


    恋人がいる友達と集まれば、お互いの近況報告をするだけでも、自然と恋バナに発展してしまいます。そうすると、恋愛がうまくいっている友達と自分を比較してしまい、ますます落ち込んでしまうかもしれません。

    そんな時の治し方は、友達と会っても恋バナを一切しないようにすることです。手っ取り早い方法は、恋人がいない友達と出かけることです。

    趣味や最近見た映画、家族の話など、恋愛以外にも話題はたくさんあります。いつもと違う友達と会うことで、今までとは違った意見や物の見方に気づくかもしれません。気分転換だけでなく、恋愛だけに没頭している自分を見つめ直すきっかけになるかもしれませんよ。

    できるだけ一人にならない


    一人でいると、片思いの相手や恋愛のことばかり考えてしまうのが恋煩いです。一人で悩まないためには、一人きりになる時間を作らないことも効果的な治し方の一つです。

    一般的に、一人暮らしよりも、常に周りに家族がいる実家暮らしの人の方が、恋煩いになりにくいと言われています。もし実家暮らしならば、自分の部屋に閉じこもっていないで家族と過ごすようにしてみましょう。

    一人暮らしなら、家で勉強する代わりに図書館に行ったり、家でまったりする代わりにカフェやファミレスなど、人の集まる場所で過ごしてみてはどうでしょうか。外出先だと人の目が気になり、気分も考え方もしゃきっとするかもしれませんよ。

    スポーツで体を動かす


    体を動かすことはストレスの発散に効果的です。ジョギングでもヨガでも何でもいいのです。適度に運動して汗を流すことは、恋愛にも恋煩いにもメリットがたくさんあります。

    まず、運動にはリラックス効果があると言われているので、体の筋肉を動かすことで気分が爽快になりますし、深い呼吸は心を落ち着かせます。また、健康的に汗をかいて新陳代謝が良くなれば、デトックス効果や体の引き締め効果も期待できますね。女性はダイエットで痩せて綺麗になったり、男性は男らしい筋肉がつけば、きっと自分への自信にもつながります。

    また、運動して肉体的に疲れることで、夜もぐっすり眠れるようになるかもしれません。

    本当に好きなのか冷静に考えてみる


    恋煩いで仕事や勉強に手がつかなければ、「考えてばかりいないで集中しないと!」と焦る気持ちになります。しかし、無理に止めようとすると、逆にますます頭から離れなくなることも。それならば、相手のことを集中的に考えてみてはどうでしょうか?

    ただ漠然と考えるのではなく、相手のどこが好きなのか、その他の人と比べて何が良いのか、逆に「嫌だな」と思うところはどこかなどと客観的に分析してみましょう。冷静に考えることで、もしかしたら「恋煩いでこんなに苦しむほど好きなのか?」と、相手を思う自分の気持ちに疑問が沸くかもしれません。

    「自分は恋している」と思い込んでしまわず、冷静に自分の気持ちと向き合うのも大切ですよ。