恋煩いの意味とは?男女別のあるある症状・治し方まで解説!

  • 恋煩いも放っておくと危険?

    恋の病と言われている恋煩いは、長引くと体調へ悪影響が出てきたり、日常生活に支障をきたす可能性が考えられます。なので、「たかが恋に悩んでいるだけ」「両思いになったら治る」などと、恋煩いを放っておくのは危険なのです。

    恋煩いを軽く考えると危険とされる理由をご紹介します。恋煩いの自覚がある人は、体調管理や日頃の言動を振り返る参考にしてくださいね。

    眠れない、食べられない、などの健康被害


    恋煩いの特徴に、眠れない、食欲がない、体重が落ちてやつれる、などの体調に現れる症状があります。これらが毎日続くようになれば、確実に健康に害をもたらすようになるでしょう。

    さらに精神面にも悪影響を与えます。イライラしたり落ち込んだりとネガティブな状態のままで、健康的な楽しい生活が送れるでしょうか?

    体調や精神状態に支障が出るようなら、必要に応じて病院やカウンセリングを受けることも必要かもしれません。

    人間関係が悪くなる


    恋煩いは人間関係にも、間接的に悪影響を与える可能性があります。

    人間の一般的な心理として、すぐにイライラしたり、喜怒哀楽の変化が激しい人と仲良くなりたい人はいませんよね。他人に八つ当たりするような人や、感情の波のせいでいつ怒ったり泣いたりするか分からない人に、わざわざ近寄りたいと思う人は少ないでしょう。

    その日の気分で人と接するような人は、仕事でもプライベートでも、信用を失ってしまっても仕方がないかもしれませんよ。