恋煩いの意味とは?男女別のあるある症状・治し方まで解説!

  • 恋煩いになりやすい女性の特徴とは?

    恋をしても恋煩いにならず、ほとんどいつもと変わらない女性もいます。性格や考え方の違いによって、恋煩いになりやすい女性も、なりにくい女性もいるのです。

    恋煩いしやすい女性は、デリケートで傷つきやすい傾向があります。このようなタイプはちょっとしたことで思い悩んだり、精神的に不安定になりやすいようです。

    そこで、恋煩いになりやすい女性の特徴を具体的にご紹介します。

    寂しがり屋


    寂しがり屋の女性には、恋愛依存の傾向があります。一人でいるのが寂しく、構ってくれる人欲しさに彼氏を作ろうとするのが原因です。

    寂しがり屋の自分に尽くしてくれる、優しい彼氏を持った経験があれば、彼氏のいない生活は耐えられないかもしれません。このタイプの女性はいつも彼氏をキープしておこうとしますが、恋愛相手を思ったり悩む機会が増えるため、結果的に恋煩いになる可能性も高くなるようです。

    女友達が少ない


    多くの女性は、気心の知れた女友達に愚痴をこぼしたり、共感を得ることで悩みや気持ちを軽くしようとします。特に同じような恋愛経験のある友達なら、恋の悩みやストレスも大いに発散しつつ、自分の恋愛を客観的に判断することもできるでしょう。

    しかし、女友達が少なく、気軽に自分の気持ちを打ち明ける場所がない女性は、恋愛でも一人で悩んでしまいます。解決の手段がなく、一人思い悩んでいれば、恋煩いのループから抜け出すのはさらに難しくなるでしょう。

    ロマンチストで、恋している自分に浸るのが好き


    日頃から恋愛相手のことを考えることが多い女性は、恋煩いになりやすいようです。このような女性は、もしかしたら片思いの相手自身ではなく、「恋をしている状態の自分」が好きなのかもしれません。

    これとちょっと似た症状に、アイドルなどの熱狂的ファンの心理があります。相手は手の届かない存在なのに、両思いになった状態を想像をしたり、ファンとして尽くしていると、実際の恋愛と同じように恋煩いに陥ってしまうのです。

    恋愛経験が少ない


    恋愛に限らず、誰でも初めてのことや経験の少ないことには戸惑うものです。恋愛経験の少なさから、片思いの相手へのアプローチ方法に悩んだり、両思いになってもどうしていいかが分からずに、いつも漠然とした悩みを抱えているのです。

    また、「私にだけ話しかける回数が少なかった」とか「あの時、私と目が合ったのはどういう意味があるんだろう」など、本質と関係なさそうな部分で悩むのも、恋煩いになりやすい女性の特徴です。