話が通じない人の思考、特徴、原因とは?対応方法まで全て公開!

話が通じない特徴を持つ人は皆さんの周りに存在しますか?話が通じない相手が、ただの友達であればあまり生活に支障はありませんが、職場などの場面だとしたら、大変なミスに繋がってしまうこともあるでしょう。そのような特徴を持つ相手と接するには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

  • 話が通じない人は周りからどう思われている?

    人との関わり方は簡単なようでも、突き詰めると難しいものです。会話のキャッチボールや意思疎通が簡単にできる相手なら、接していてもとても感じも良いですし楽です。ですが話が通じない相手だと、用件が一度で伝わらないため何度もやり取りする必要が出てくるでしょう。

    そのように話が通じない人は周りからどう思われるでしょうか?その答えは一つ…「面倒くさがられる」ということです。その相手を好き・嫌いには関係なく、こちらが何度も真意を確かめなめればいけないのが面倒になってしまいます。

    話が通じないと思われたら損?


    では、ご自分がもしそんな特徴をお持ちだったら…それは損なことなのでしょうか?損か得かと問われれば、限りなく”損”に近いことは否めません。たとえば仕事の場面だったとしたら、話がスムーズに進む相手の方がミスもありませんよね。ですから、相手もそんな話が通じる相手と組んで仕事をすることを希望するでしょう。

    ここからは具体的に「話の通じない人の原因」について解説していきます。
  • 話が通じない人の原因って?

    ここで話が通じない人の特徴を掘り下げてみましょう。そこにはどんな原因があるのでしょうか?話が通じない人に関わらず、これはその時の心の状態しだいで、どんな人でもこのような状態になることが考えられます。普段のご自分の性格の特徴も照らし合わせ、参考になさってみると良いでしょう。

    知っている言葉が少ない


    「ボキャブラリーが無い」という言葉を耳にしたことがあるかと思われます。ボキャブラリーとは”単語の集まり”という意味があるのですが、話が通じない人の特徴としてボキャブラリーが無い、または少ないことが推測されます。相手が話す会話だったり言葉そのものの意味が最初から分かっていないので、理解することが困難なのでしょう。

    話し手が悪い可能性も


    話が通じない人自身が悪いのではなく、話す側に原因があることも考えられます。そんな人の特徴として、”表現が小難しい”や”結論までの話が長い”などがあげられます。そのような、特徴のある話し方をする人と接すると誰でも”話が通じない人”になってしまう可能性があるでしょう。

    集中力がない


    集中力が散漫で、相手の話をきっちりと聞くことの出来ない人も話が通じないと思われがちです。相手が話しているとき”聞こう”という気持ちがないので、さっきされた話がまるで頭に残っていません。となると、「さっきなんて言ってたっけ?」と何度も同じことを聞き返すことになりますよね。このようなことが多いと話が通じない人と思われてしまいます。

    興味をもたない


    相手が話をしているときは、どんな場面だったとしても相手が話しているのですから、一時はその話を聞こうという気持ちにならなければいけませんよね。ですが、自分にとってまるで興味がないことや仕事・勉強など面倒だと感じる話を”興味がないから”という理由で聞かないという人もいます。こんな特徴のある人は、そもそも話を聞いていないので話が通じないのは当然のことといえるでしょう。