クリスマスセックスはもはや文化?カップルの「性の6時間」を徹底解剖!

日本のクリスマスはなぜ性夜と呼ばれている?日本のカップルのクリスマスデートの実態と性夜と呼ばれる理由についてご紹介します。クリスマスのセックス事情も何人かの男性に聞いてみました。クリスマスの性の6時間をどのように過ごしているのか、参考にしてみてください。

  • 日本のカップルのクリスマスは聖夜から「性夜」へ…

    日本のクリスマスは恋人が一緒に過ごす日というイメージが強く、独り身の人からは皮肉として「性夜」と呼ばれることがあります。

    キリスト教はそもそも奔放な性を禁止する宗教。なぜ奔放な性を禁止する宗教から生まれたクリスマスが「性夜」と呼ばれるようになったのでしょうか。

    クリスマスはカップルの「性の6時間」とも?


    12月24日の21時から12月25日の深夜3時までの時間のクリスマスは「性の6時間」と呼ばれることがあります。なぜかというと、この時間帯は1年間で最もセックスをするカップルが多いから。

    聖夜をカップルで過ごす人は、デートののちにホテルへとなだれ込み、この時間をセックスをして過ごすカップルが多いのだとか…。それで、クリスマスの24日夜~25日の深夜までが「性の6時間」と呼ばれるようになったのです。

    なぜ聖夜にエッチをするのか?


    クリスマスはセックスの日ではありません。なぜ日本ではクリスマスになるとセックスをする人が増えるのかというと、日本人は宗教に寛容といえば聞こえはいいですが、ほとんどが「無関心」です。

    本来、奔放な性を禁止しているキリスト教の決まりを知っている人はあまりいないですし、そもそも信仰している人も他国と比べると日本は圧倒的に少ないので、日本人にとってクリスマスは「お祭り」や「イベント」という印象が強いのです。

    そのためロマンチックで特別な雰囲気にあやかって、カップルでデートを楽しみ甘いセックスをする流れになるのでしょう。
  • なぜカップルのクリスマス=セックスなの?

    海外では全ての人がそうとはいえませんがクリスマスは「家族と過ごす日」です。しかし、日本ではクリスマスは家族と過ごす日というよりはカップルで過ごす日というイメージが強いですよね。

    独り身の人はクリスマスに一緒に過ごすカップルがいなくて焦る…という話もよく耳にします。しかし、クリスマスは本場では家族と過ごす日なのに、なぜ日本ではカップルで過ごす日やセックスのイメージが定着しているのでしょうか?

    日本のクリスマスは「恋人と過ごす日」


    日本のクリスマスはカップルで過ごす日というイメージが強いです。クリスマスに外を歩けばカップル・カップル・カップル…と、街のいたるところカップルがデートしている場面に遭遇します。

    クリスマスに出かけても、そこらじゅうカップルだらけだから家で過ごそうと思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

    日本のクリスマスはカップル向けのプランが用意された飲食店やサービスが多いので、日本のクリスマスはカップルで過ごす日という認識になっているのでしょう。ラブホテルだってクリスマスは特別なプランが。

    カップルで過ごせば自然とそういう雰囲気になるもの。ラブホテルに行ってセックス…というカップルは多いのです。

    寒いので室内デート→セックス


    クリスマスといえば真冬も本番中の本番の時期のイベント。外でのデートもイルミネーションあふれる街並みが素敵ですが、真冬に外にずっといると凍えてしまうので室内デートへ。

    イルミネーションを見て回ったら疲れたのでホテルに行くという場合もあるでしょう。お互いの家というのもありえます。もし、互いの家やホテルにいったらカップルになにが起こるか?そう。良い雰囲気になってセックスの流れとなるのです。

    ロマンチックな日にセックスは最高!?


    セックスに雰囲気は欠かさない!というカップルにとって、クリスマスは最高のシチュエーション。ロマンチックな日にセックスなんて、確かに盛り上がりそうだしいつもよりも恋人への好きの気持ちが大きくなるのでしょう。

    クリスマスはやっぱりカップルですごしているとイチャイチャして、その延長でだんだんエッチな雰囲気になってきて、セックスにつながるという場合が多いです。いつもと違う雰囲気でのセックスを楽しみに、前もって下着を準備しているカップルも。