既婚女性にキスする独身男性の「本気度」は?人妻にキスする男性心理

  • 「既婚女性にキスする男性」に関する専門家の意見やアドバイス

    独身男性は、人妻との恋愛を「遊び」と割り切っている


    既婚女性だと知っていながら手を出す独身男性は、いったい何を考えているのでしょうか。これについて、『不倫女子のリアル』(沢木文)には、以下のような記述があります。

    「不倫をしている女性たちに話を聞いていると、“最初の一歩を踏み出すときのタブー感”を皆よく覚えている。私はなんてことをしてしまったんだ、とか、夫や子供に対して申し訳ないことをしてしまった、と最初は思うのだ。でも、それは不倫関係が日常に溶け込むうちに、消えていく。

    『最初、彼から誘われてホテルに入るときは、やはりひるみましたよ。ホテルのフロントの部屋を選ぶパネルの前で、帰ろうか、と思いましたが、好奇心と欲望に身を任せることにしました。
    (中略)
    一時期は彼に夢中になって、東京都足立区の彼のアパートでビーフシチューを作ったり、サッカーの時に彼の好物のいなりずしを作って持っていったりしたのですが、だんだん私の献身のほうが多くなって、つまらなくなっちゃったんですよ。
    (中略)
    食に対する経験と熱意が少ない彼に料理を作るなら、家族のために食事を作るほうが100倍楽しいです。まず、日常があり、そのうえでいい格好を見せる異性が欲しい。つまり不倫は恋愛ではないんですよね』

    相手の家に行くたび、男性の態度は大きくなる。この恋愛関係を上手に終わらせるために、桃子さん(※編集部注・この書籍内でインタビューされている女性の名前)は多忙を装う。仕事が忙しくてデートに行けないことをアピールしていくうちに、相手の男性が地方転勤になり、関係は立ち消えた。

    『一気に関係を切ってしまうとこじれそうな感じがあったんですが、そんなのは私の思い込みでした。彼にとっては私は人妻の遊び相手だったんですよ。だから、別れるときは意外とあっさり(笑)。もっと追いかけてくれると思ったんですけど、現実はそんなことはありませんね』

    相手は経験豊富な私に夢中になってくれる……この思い込みは不倫をしている既婚女性のほとんどが持つ共通認識だ。しかし、既婚女性と関係を持っている男性に話を聞くと、“遊びですよ、楽だし”、“後腐れがなくて、テクニックがすごい“という意のことを異口同音に唱える。

    このように、独身男性からアプローチされた女性は、「経験豊富な自分に夢中になってくれるのでは?」と思いがちですが、現実には、「遊び相手としてちょうどいい」くらいに扱われているケースが少なくないようです。独身男性にキスをされたからといって、舞い上がらないようにしましょう。

    気安く口説かれてしまう既婚女性とは?


    自分では誘っているつもりなどないのに、独身男性にやたら口説かれてしまう、ときにはキスまでされそうになってしまうという女性もいるでしょう。これについて、『女の仕掛け 男に好かれる賢女のルール26』(檀れみ)には、以下のような記述があります。

    「軽く口説かれる女には、それなりのワケがある。

    顔がキレイとか、着飾っているとかそういったことではなく、背筋をピンッと張った女性は美しく見える。怠惰な生活を送ってなさそうだし、気さくに話してはいても、その背中には意思というものがしっかりと通っているように感じられる。

    姿勢の良い人を目の前にしたら、よほど無神経じゃない限り、自分も背中を真っ直ぐにしなければと正すものだ。

    この心地良い程度の緊張感をお互いに維持することは、人との付き合いにはとても大切なことである。

    しかし、かしこまった席ならともかく、居酒屋や焼き鳥屋、夜更けのバーなどでは、姿勢の良い人というのはなかなか見かけない。姿勢は筋トレと同じで、日頃から心がけていないと身につかないものなのだ。

    そして女性は、ふいに背中が丸くなり、ほろ酔い加減でビールなんかをダラリと飲んでいる時に、『今晩、ホテル行かない?』と軽く口説かれてしまうことになるのだ。

    このように、座り方がだらしなかったり、後ろ姿に緊張感のない女性は、男性から軽いノリで口説かれてしまう場合があるようです。面倒な事態に巻き込まれないためにも、姿勢を正しておいて損はないでしょう。

    <参考文献>
    『不倫女子のリアル』(沢木文)
    『女の仕掛け 男に好かれる賢女のルール26』(檀れみ)


Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)