「キスがうまい」は最強!男女別・上手なキステクニックを完全攻略!

  • みんなが出会った「キスがうまい人」エピソード

    キスのうまさは技だけではありません。お互いのボルテージを盛り上げるような空気感や雰囲気を上手に演出することも、大切なテクニックの1つと言えます。

    特に女性はフィーリングやムードなどの付加的要素で、キスに関する評価や相手の印象さえも変わってしまうといっても過言では無いかもしれません。

    早速、キスが上手いと感じたエピソードをチェックしてみましょう。

    「あざとい」とは解っていても...


    「キスしたら俯いたままで、されるがままにじっとしてるから『嫌なのか?』と思いそうになった瞬間、上目遣いでじっと俺を見つめながら唇を半開きにされたら、たまんないです!

    あざとくうまい計算なんだろうな、とは薄々感じましたけど、その半開きの唇のエロさと見つめる可愛さのギャップのテクニックの上手さにやられました。」(20代/男性/営業)

    少しぐらいぶりっ子でも、世の男性はわざとらしいと解っていても、可愛いと思うものかもしれませんね。

    火照った体を密着させて...


    「キス自体が特別うまいわけじゃないとは思うんですが、絶妙なタイミングで首や腰に絡まるように抱きついてきて、体をぎゅぅっと密着させてくるんですよ。その感触も相まってキスがとてもうまく感じます。

    彼女の体温とか柔らかさをダイレクトに感じさせられちゃって、いつもどんどんボルテージが上がっちゃいます」(30代/男性/サービス業)

    キス自体のテクニックも大事ですが、気持ちの高揚に合わせたボディランゲージも相手と一緒に高ぶるには大切なテクニックの1つのようですね。

    キスだけでとろけそうに…


    「普通にキスするのではなく、あごのライン辺りを唇が触れるか触れないかのうまい絶妙なタッチでなぞるように唇を這わせて、唇に近づいては離れ...近づいては離れ...を何度か繰り返し。

    もう我慢できなくて、自分からキスしようと彼の唇を狙うのですが、サッと首筋へのキスに逃げられる度に「もう!」と思いながらも気持ちがどんどん高揚してしまいました。」(30代/女性/営業)

    いきなりダイレクトに唇を責めるのではなく、焦らしのテクニックが上手だと、待ちきれずに求めたくなるようなとろけるキスになるようですね。

    ライトからディープまでの小鳥キスが上手すぎて


    「まるで小鳥みたいに『チュッチュチュッチュッ』と音を立てながら小刻みに唇を何度も重ねて、サッと舌を入れてきたので、私も応戦したらそのままキューって吸い付かれて。

    最初は可愛いキスだと思ったのに、まさかの吸い付きとチュパチュパでの激しくも上手なディープキスにあっという間にとろけちゃいました」(30代/女性/サービス業)

    吸い付かれるような感覚もさることながら、なんとなくセクシャルに感じるキスの音をわざと聞かせるようにするのも、うまいテクニックの1つかもしれませんね。