好意を伝える方法9選【男女別】好きな人にさりげなくアピールするには?

  • 好意を伝えるときにあわせてとるべき行動4選

    好意の伝え方は人それぞれですが、好意を伝えるときに合わせて取るとより効果的な行動があります。ここでは好意を伝えるときに、一緒に行うとよいことを4つお伝えしていきます。

    とびっきりの笑顔を見せる


    「彼と一緒にいると自然とリラックスできるんです。好意を伝えるときも、自然とリラックスした笑顔になるみたいで彼と一緒にいると『良い笑顔だね』ってよく言われます。」(20代女性)など、相手に好意を伝えるときに、効果的なのは笑顔を見せることです。笑顔にもいろいろな種類がありますが、とびっきりの笑顔を見せると好意が伝わりやすいでしょう。

    笑顔の程度も時と場合によりますが、本当に楽しいときは楽しいという顔をすることで、より相手との距離を縮めることができます。無理に笑顔になることはありませんが、笑いたいと思った時は素直に笑うのが良いのではないでしょうか。

    相手の目を見て話しかける


    「基本恥ずかしがり屋なので、目を見て話すのはドキドキします。でもしっかり目を見て話すと、好意が伝わりやすくなるなと思いました。」(20代男性)など、相手に好意を伝えるときに、目を見て話すと好意が伝わりやすくなります。

    目は心の窓という言葉もあるほど、心が伝わりやすい部分。心からの好意を持ちながら、相手の目を見て話すことでより効果的に好意を伝えることができるでしょう。好意を伝えたいときは、好意を包み隠さず目で表現すると良いでしょう。

    少しだけ特別扱いする


    「私デスクの周りの人に残業のときお菓子をおすそ分けするんですけど、Aくんにだけはちょっといいやつをおすそ分けするんです。ちょっとだけいいやつというところがポイントです(笑)」(20代女性)など、少しだけ特別扱いすることで好意が伝わりやすくなることも。

    周りの人よりもちょっといいお菓子などをもらったりすると、「あれ?特別扱いされてる?」とあなたの好意に気が付きやすくなるでしょう。言葉や態度で伝えるのが苦手な人は、メモやちょっとした贈り物など小道具に頼ってみても良いでしょう。

    相手が好きだと言っているものに関係する贈り物だと、より好印象を与えることができそうです。

    ほんの少し距離をつめる


    「人と話すとき基本的に距離はわりと近めなんですが、Bさんと話すときはほんのちょっとだけ距離を縮めます。気が付くかな、気が付かないかなという距離なのですが、好意は伝わりやすくなると思います。」(20代女性)など、好意を伝えたい相手と話すとき距離をちょっとだけ縮めるという方法も効果的です。

    人との距離をどれぐらいなら許容できるかは、人によっても違います。心の距離が近い人ほど、近くによっても不快な気持ちになりません。意図的に少しだけ距離を縮めることで、相手に対して好意を伝える効果が期待できるでしょう。