好意を伝える方法9選【男女別】好きな人にさりげなくアピールするには?

  • 好意を伝えるのも恥ずかしいときは?

    好意を伝えるのにそれほど努力が必要ない人もいますが、恥ずかしいなどの理由で好意を伝えるのが苦手な人もいます。好意がなかなか伝えられない人の場合は、どうやって好意を伝えたらよいのでしょうか?ここでは好意を伝えるのが苦手な人ができる、控えめな好意の伝え方についてご紹介していきます。

    ミラーリング効果を使う


    言葉や態度で好意を伝えるのをためらってしまう場合は、「ミラーリング」という方法を使うと良いでしょう。ミラーリングとは、相手の仕草などを鏡に映したときのように真似する方法です。

    人の脳にはミラーニューロンというものがあり、相手の行動を真似して連帯感を高めるという習性があります。ミラーリングはその習性を利用したもので、ミラーリングをすることで相手との連帯感を高める効果が期待できます。

    休憩のタイミングを一緒にする


    言葉や行動で好意を伝えるのが難しい場合、空間を共有するという方法が有効かもしれません。例えば好意を伝えたい相手が休憩するときに、同時に休憩スペースに向かうなど空間を共有する行動を取ることでなんとなく好意を伝えるという方法です。

    エレベーターや廊下、会議室など、空間が限定されているとより効果的。人には「パーソナルスペース」というものがあり、嫌いな相手とは距離を取ろうとするものです。物理的な距離を縮めることで、相手に対して好意を伝えることができるかもしれません。

    書置きで感謝の気持ちを伝える


    言葉や態度で好意を伝えるのが恥ずかしい人は、文章で好意を伝える方法がおすすめです。文章といっても便せんを何枚も使ったようなものではなく、ポストイットなどに一言書いておく程度のことでも良いでしょう。

    ポストイットに「いつもありがとう」や「この前の書類すごくよくまとまっていました」など、肯定的な一文を書いてデスクに貼っておくなどします。お菓子が好きな人の場合は、パッケージにメッセージを書けるタイプのお菓子も効果的です。

    LINEやメールでさりげなく褒める


    行動で好意を伝えられない人は、LINEやメールで相手に好意を伝えるという方法がおすすめです。LINEやメールであれば、好意を伝えるハードルは下がります。

    あまりにも真剣に密度の高い好意を相手に伝えるのはLINEやメールであってもNGですが、「調査資料がよくできていました。」や「統計がすごく正確で助かりました。」など、相手の仕事をさりげなく褒めるなどライトな好意なら毎回伝えても大丈夫でしょう。