好意を伝える方法9選【男女別】好きな人にさりげなくアピールするには?

  • 好意を伝える方法9選《言葉編》

    好意を伝えるには言葉で伝える方法もあります。好意を伝えるときには、どんな言葉を伝えるのが良いのでしょうか。ここでは好意を伝えるときにピッタリな言葉についてお伝えしていきます。

    ⑥感謝の言葉を忘れない


    「ありがとうという言葉は好意を伝えたいときは大事な言葉だと思います。ちゃんとお礼を言うことで、好きな相手の自分に対するイメージを良くすることができるから。」(20代女性)など、感謝の言葉を忘れず言うことは好意を伝えるうえで大切なことです。

    好意を伝えたときは、相手にも自分を好きになってもらいたいもの。好きになってもらうために感謝の気持ちを伝えるわけではありませんが、感謝の気持ちを都度伝えることで相手の自分に対する印象もアップして好意がより伝わりやすくなるでしょう。

    ⑦謝罪の言葉も忘れない


    「感謝の言葉も大切ですが、案外大切なのは謝罪です。なんでもかんでも謝ればよいってものでもないですが、これはいかんなと思った時にきちんと謝れるというのは人間関係を良好に保つのに大切なことかなと。」(30代男性)など、謝罪をすべきタイミングではきちんと謝るということも大切なこと。

    好意を伝えて相手との関係を良好にしたいなら、感謝と謝罪はセットで大切なことです。すぐに謝ってしまうのも考え物ですが、謝った方が良いタイミングではちゃんと誤っておくと好意が受け入れられやすくなります。

    ⑧さりげなく褒める


    「いくら好きだからってあまり大げさにほめると相手も身構えちゃうじゃないですか。だからすごいなと思ったことは素直に、さらっと褒めるようにしてます。」(30代男性)など、好意を伝えるためには適度にほめることも大切です。

    ただし褒めるのにもある程度加減が必要になります。褒めて相手に好意を持ってもらいたいと思っていても、大げさに褒めすぎたり褒めるポイントをずれていると効果が得にくいので気を付けるようにしましょう。

    ⑨適度に好意を伝える雑談を交わす


    「好意を伝えたいなら、普段からある程度話ができる関係じゃないと難しいですよね。好きだなと思ったら、こちらから話しかけるようにしてます。」(20代男性)など、好意を伝えるためにはある程度普段から会話ができる関係になっておくことも大切です。

    話しかけるのに特に抵抗がない人は、普段から他愛のない話をするようにしましょう。ただし相手の迷惑にならないタイミングで話しかけることがポイント。忙しいときに話しかけられると迷惑に感じてしまうかもしれません。