好意を伝える方法9選【男女別】好きな人にさりげなくアピールするには?

  • 好意を伝える方法9選《行動編》

    好意を伝えるといっても様々な方法があります。好意を伝えるのが苦手な人は、どうやって好意を伝えたらよいのか迷ってしまうことも。ここでは好意を伝える具体的な方法を9つご紹介していきます。

    ①笑顔で挨拶する


    「好意を伝えるにはやはり笑顔で挨拶をするのが一番です。好意を持っていただくには、まずはこちらから好意を示すのが効果的でしょう。」(30代男性)など、好意を伝えるために効果的なのが、笑顔で挨拶をするというものです。笑顔は好意を伝えるとき最も効果的な表情。好意を伝えたいときは、相手に対してにっこりとほほ笑むことから始めましょう。

    イライラして表情が緊張したままだと、特に敵意を持っていなくても「あの人怖い」と思われてしまいます。好意を周囲に伝えたいときは、なるべく笑顔を絶やさないようにしておくと良いでしょう。

    ②相手が嫌がることをしない


    「好意を伝える前に相手に嫌われてしまっては元も子もないので、相手の人が嫌がるようなことをしないよう心がけました。まずはどんなことが嫌なのかを観察しましたね。」(20代女性)など、好意を伝えるときに大切なことのひとつとして、相手の嫌がることをしないということが大切です。

    好意を伝えているのに、相手が嫌がるようなこともセットで行っていたのでは、せっかく伝えた好意の威力が半減してしまいます。相手が嫌がるようなことを想定して、嫌な気分にさせないようにするのも大事です。相手に好きになってもらいたかったら、相手がどんなことが嫌なのかということにもアンテナをはっておきましょう。

    ③旅行のお土産を好みに合わせる


    「好意を伝えたい相手は同じ部署で働いているAさん。Aさんの好きなリンゴのお菓子をお土産にして、Aさんに喜んでもらおうと思いました。」(20代女性)など、旅行先で買うお土産も、相手に好意を伝えるのに有効です。好意を伝える相手の好みに合うようなお土産を持っていくことで、あなたの印象をアップさせることができるでしょう。

    好意を伝えたいなら、相手がどんなことを好きなのかを観察したり直接聞いたりして普段から情報を得ておくと便利。好意を伝えたいなら、相手のことを知ることから始めてみてください。旅行の前などに名物の話題などをしておくと、どんなものが好きか把握することができるかもしれません。

    ④適度な差し入れをする


    「同じ課のAが疲れているなーと思ったら飴とかクッキーとか差し入れます。お菓子を持って話しかけると喜ぶので、好きそうなお菓子はデスクにストックしてあります。」(20代男性)など、相手に対して好意を伝えるとき、適度に差し入れなどをすると喜ばれます。

    好意を伝えたい相手が残業をしているタイミングで軽い夜食を差し入れたり、疲れがたまっているタイミングで軽いお菓子を差し入れたりすると良いでしょう。好意を伝えたい相手がダイエット中などの場合はカロリーに気を使ったものを差し入れるなど、相手の状況に合わせた差し入れができるとよりベターです。

    ⑤機嫌よくコンタクトする


    「自分が疲れていても好きな相手には機嫌よく対応したいですね。やっぱり嫌われたくないし、何より好きな相手とは楽しい時間を過ごしたいですから。」(30代男性)など、好意を伝えるときは機嫌よく伝える方がより好意が伝わりやすくなります。不機嫌な感じで差し入れをされるよりも、ニコニコした顔で差し入れされた方が気分が良くなるもの。

    人間なので機嫌が良いときも悪いときもありますが、相手に対して良い印象を与えたいのならコンタクトするときは感じ良くしておいた方が効果的でしょう。どうしても不機嫌になってしまうときは、話しかけず気分が落ち着いてから話しかけるのもおすすめです。