好意を伝える方法9選【男女別】好きな人にさりげなくアピールするには?

  • 好意を伝えるメリット

    好意を伝えることにはどんなメリットがあるのでしょうか。好意を伝えられることで嫌な気持ちになることは、そう多くはないでしょう。ここでは好意を伝えることのメリットについてお伝えしていきます。

    相手に自分を知ってもらえる


    好意を伝えることのメリットには、好意を伝えた相手に自分のことをより知ってもらえるというものがあります。好意を伝えられた相手は、好意を伝えてきた相手にだいたいの場合は良い印象を抱きます。

    良い印象を抱いた人のことは、よりよく知りたいと思うものなので、好意を伝えることで自分のことを好きな人に知ってもらうことができるのです。相手に自分のことを知ってもらいたいときは、相手に対して好意を持つ、そして伝えることが大切です。

    仲良くなれるかもしれない


    好意を伝えることのメリットに、好意を伝えた相手と仲良くなれるというものがあります。好意を伝えられて嫌な気分になることは、それほど多くはありません。

    好意を伝えられた相手が、伝えた人のことをとても嫌っているなどでなければ大抵の場合は仲良くすることができます。相手とより仲良くなりたいときは、素直に好意を伝えると良いでしょう。

    人間関係を円滑にできる


    好意を伝えることのメリットに、人間関係を円滑にできるというものがあります。好意を伝えられた人は、好意を伝えてきた相手に対する態度がやわらかくなるという傾向が。

    人間関係が緊張しているときには、好意を伝えることで緊張感を溶かすことも可能ですし、好意を伝えることが緊張した人間関係を打破するひとつの方法にもなります。嫌いな人を好きになるのは難しいですが、特に嫌悪感がない相手に緊張がある場合は、まず好きになることから始めてみてはどうでしょうか。

    情報を得やすくなる


    好意を伝えることのメリットには、周囲の情報を得やすくなるというものがあります。好意を相手に伝えることで、相手との人間関係が密になります。すると、たくさんの情報を交換できるので多くの情報を得ることができるのです。

    仕事の話題だけしかしない割り切った関係よりも、好意を持って雑談を交わしている方が、仕事のアイディアも湧いてきて業績アップにつながるといったこともあるかもしれません。人間関係を良くして情報を取得したいのであれば、周囲に対して自分から好意を伝えるようにしていきましょう。

    好意を伝えることで連帯感を持てる


    好意を伝えることのメリットのひとつに、集団の連帯感を高めることができるというものがあります。好意を伝えると伝えた相手との間の絆が深まります。

    集団の結束を高めたいときは、相手の良いところを見つけて好きになるのも一つの方法です。集団をまとめたいときには、メンバーの良いところを見つけて好きになり、好意を伝えていくことで集団をうまくマネージメントすることもできるかもしれません。

    好意を伝えると無駄な攻撃を受けない


    好意を伝えることのメリットのひとつに、無駄な攻撃を受けないというものがあります。好意を伝えられた人は、たいていの場合好意を伝えてきた相手に攻撃をし続けることが難しくなります。

    無駄な攻撃を繰り返しているタイプの人に好意を伝えるのは難しいでしょうが、攻撃をしかけそうな人にターゲットにされないよう予防するのには有効な手段です。攻撃力が高めの人には、ひとまず敵意はないことと好意を伝えておくのも良いでしょう。