好意を伝える方法9選【男女別】好きな人にさりげなくアピールするには?

  • 「告白」と「好意」は別物?

    「好意を伝える」ということと、「告白する」ということは同じような意味に感じられます。しかし「好意を伝える」ことと「告白する」ことは似ているようで同じではありません。ここでは「好意を伝える」と「告白する」の違いについてお伝えしていきます。

    「好意」は相手を好ましく思う気持ち


    「好意」とは相手のことを好きだと思う気持ちのことです。「好き」という感情には友人に向けられるものから、恋人に向けられるものまで幅広くあります。

    通常の人間関係においても好意を伝える機会は多く、軽く好きというものからものすごく好きというものまで人によって持っている好意の量はまちまちです。このように好意の量や質は人によって異なるので、好意を伝えるときの重たさもそれぞれ違ってきます。

    「告白」は気持ちを伝えること


    「告白」とは「これまで言えなかった気持ちや思いなどを相手に伝える」ことです。”これまで言えなかった”、”秘密にしていた”という点がポイントで、好意よりも密度が高い伝達になります。

    告白にもいろいろな種類があり、主に恋愛で使われることが多いものの、冷蔵庫の食品を食べてしまったという告白から、不正会計をしているという告白まで、様々です。告白は言えなかったことを言うことなので、伝えるときの緊張感は好意を伝えるときよりも高くなるでしょう。

    告白よりも好意を伝える方がハードルが低い


    「告白」は「好意を伝える」よりも、深刻で密度が高い内容を伝えます。なので、告白をするよりも好意を伝えるときの方が、心理的なハードルは低くなります。伝える好意の熱量にもよりますが、一般的に好意を伝えることの方がライトです。

    それほど重すぎない好意を相手に伝えるのも、好意を伝えることにそれほど抵抗がない人にとってはとても簡単なことでしょう。ただし好意を伝えるのに羞恥や照れが入るので、好意をなかなか伝えられないという人も。

    今回は好意を伝えるのが恥ずかしいという方に向けて、好意を伝えるための具体的な方法などをご紹介していきます。