いきなり音信不通になる男性心理とは?彼の本音や対処法を解説!

男性は音信不通になりやすい…これは本当でしょうか?そこには男性と女性の思考の違いなどが関係しているようです。今回は実際に音信不通にしてしまう男性の心理なども体験談からお聞きし、音信不通になった時の正しい対処法・NG行動などにも注目してみました。

  • 男性は音信不通になりやすい?

    これまで順調だった彼との仲。それなのに最近いきなり音信不通に…こんな現状でお悩みの女性もいるのではないでしょうか?そもそも、男性は女性に比べて音信不通になりやすいのでしょうか?その答えは限りなくイエスに近いといえます。それは男性特有の物の考え方・心理状況が要因となっています。

    ですがこれも一口にそうだと言い切れないところもあります。”男性ならではの思考によって音信不通になる”ことの他、ちゃんとした理由があって音信不通になる、または音信不通にしている場合もあるからです。今回は、そんな無意識に音信不通になる・意図的に音信不通になる、この両方の側面から男性心理について深掘りしていきたいと考えます。

    どうして男性はいきなり音信不通になるの?


    男性が音信不通になってしまうのには、具体的な理由がある場合とない場合の2種類が考えられます。次に項目をあげましたので、今のご自分の状況と照らし合わせ参考になさってみてください。

    男性は一つのことにしか集中できない


    男性は、心理状況・思考ともに”個人主義”でよくいえば几帳面、悪くいえば要領が悪いところがあります。したがって、一つの物事を順番に片付けていくことはとても得意なのですが、女性と違っていくつもの物事を同時にこなしていくことが不得意な場合が多いのです。

    たとえば彼が今、仕事で大きなプロジェクトなどを任されている場合、そのことだけで頭がいっぱいになり、彼女の存在自体気にかける心理状態ではなくなっている可能性があります。これは彼女の存在の大きさに関わらず、男性の脳の仕組みがそうさせていると考えられます。

    電話やLINEが面倒


    男性が音信不通になる心理の奥には、電話・LINEが面倒という理由もあります。女性は友達などと他愛もない話で何時間も電話したり、LINEでやり取りすることができますが、男性は長電話などは苦手です。

    男性の心理として、電話は用件を伝えるものであって、女性と違いコミュニケーションのツールとしての解釈はありません。なので、彼女に連絡すれば電話が長くなってしまう、またはLINEの返事が面倒…などの理由があり、つい音信不通になってしまうことも考えられます。

    ケンカになりたくない


    彼氏の心理として、具体的にある理由が存在する場合もあります。たとえば他に気になる女性ができたなどの”彼女に連絡しづらいわけ”です。連絡を取った場合、ケンカは免れないという状況があるため、音信不通になっている可能性も考えられます。

    男女で口論になると、どうしても男性は女性に負けてしまう傾向がありますよね。そんなことを想像すると気が重くなってしまい、音信不通にしてケンカを避けたいと考えている可能性もあります。

    心理状態が「恋愛」ではない


    男性は一つのことに集中すると、そのことで頭がいっぱいになってしまう…と最初の項目でも申しましたが、そんな理由に加え今の彼氏の心理状態がそもそも”恋愛モード”ではないことも可能性としては考えられます。

    彼氏のおかれている状況がなにかしらの理由で今は大変な状態にあり、頭が恋愛そのものを避けたいのかもしれません。今彼氏に大事なのは彼女との恋愛よりも、”今おかれている状況”の方なので、音信不通にすることで彼女の存在そのものに目を向けないようにしているということも考えられます。
  • いきなり音信不通になる彼氏の心理

    ここで今現在、彼女との連絡を絶っていて音信不通状態にある男性から、リアルなお話をお聞きしていきましょう。具体的な理由がある方、これといって理由はないという方など、男性の心理もさまざまなようです。

    距離を置きたいと思っている


    「この前、彼女とちょっとしたケンカになってさ…自分の中でなんか彼女と距離置いた方がいいかなって。音信不通なんてホントはズルいことだって分かってるけど、なんかまたケンカになりそうで嫌なんだよ。」(25歳・男性)

    またケンカになるのが嫌だという男性の体験談です。一度彼女とのいざこざを経験しているだけに、またその時のような嫌な思いを避けたくなってしまうのでしょうか。

    相手する暇がない


    「最近仕事がとんでもなく忙しくって。ホントに理由はそれだけなんだ。家に帰ってもまぁいい時間だし、身体休めるので精いっぱい!申し訳ないって思ってるけど、そんなこんなで今は音信不通状態です。」(27歳・男性)

    男性にはよくある話ではないでしょうか。仕事に忙殺されて身体も心理状態もお疲れなのでしょう。家に帰れば、疲れ切って寝てしまうということであれば致し方ない気もします。

    コミュニケーションの取り方が分からない


    「自分はこれまで女性と付き合った経験が少ないんです。だから今の彼女とのコミュニケーションの取り方がイマイチ分からないかも。どんなタイミングで電話すればいいのかとか、考えてる間にどんどん日にちが過ぎちゃって、結果音信不通みたいになっちゃうんです。ぶっちゃけ前の彼女もそれでダメになってます。」(23歳・男性)

    女性とどうやってコミュニケーションをとったら良いのか分からないという男性です。恋愛経験が少なかったり、消極的な性格の男性だとこのようなことが理由で音信不通になってしまう場合もあるんですね。

    今さら連絡もできない


    「彼女と別れたいとか思ってるわけじゃないんだよね。ただ、気が付いたら一週間とか時間が経っちゃっててさ、今さら連絡できなくて音信不通に…。男ってLINEとかマメじゃないじゃん。俺なんかもっともそれなんだよね。毎日連絡とか面倒じゃない?たまに彼女からのLINEもスルーしちゃう…これってダメかな?」(20歳・男性)

    この男性の体験談も男性あるあるではないでしょうか。気が付くと日にちが経過しているため、連絡そのものを躊躇してしまうパターンです。

    単なる携帯電話の不調


    「この前、突然携帯がバグ!慌ててショップ行ったんだけど、全部データがダメになっちゃったよ!友達はもちろん、彼女との連絡も取れないし…これってどうしたらいいの?」(26歳・男性)

    単なる携帯電話の不調でいきなり音信不通になってしまったという男性です。こんな状況になったら、女性ならなんとかして彼氏と連絡を取ろうとしますが、男性は緊急事態の対処も苦手のようです。実際この男性は、自分からは連絡せずひたすら彼女からの連絡を待つしか方法がなかったそうです。

    自分からの連絡は必要ないという心理


    「男はさ、連絡なんてマメに取らないもんでしょ?音信不通って言われても、じゃあ向こうから連絡してくればいいじゃんって思うよ。実際彼女とちょっとしたいざこざがあったんだけど、こっちからは連絡しないよ。連絡したらこっちが謝らなきゃいけないじゃん!」(19歳・男性)

    ちょっと意地っ張りな男性の体験談ですね。自分から連絡することで謝らなければいけないのが嫌という心理です。こんなことが理由で音信不通になってしまうのは、二人の関係性もあまり良好でないことが想像されます。