いきなり音信不通になる男性心理とは?彼の本音や対処法を解説!

男性は音信不通になりやすい…これは本当でしょうか?そこには男性と女性の思考の違いなどが関係しているようです。今回は実際に音信不通にしてしまう男性の心理なども体験談からお聞きし、音信不通になった時の正しい対処法・NG行動などにも注目してみました。

  • 男性は音信不通になりやすい?

    これまで順調だった彼との仲。それなのに最近いきなり音信不通に…こんな現状でお悩みの女性もいるのではないでしょうか?そもそも、男性は女性に比べて音信不通になりやすいのでしょうか?その答えは限りなくイエスに近いといえます。それは男性特有の物の考え方・心理状況が要因となっています。

    ですがこれも一口にそうだと言い切れないところもあります。”男性ならではの思考によって音信不通になる”ことの他、ちゃんとした理由があって音信不通になる、または音信不通にしている場合もあるからです。今回は、そんな無意識に音信不通になる・意図的に音信不通になる、この両方の側面から男性心理について深掘りしていきたいと考えます。

    どうして男性はいきなり音信不通になるの?


    男性が音信不通になってしまうのには、具体的な理由がある場合とない場合の2種類が考えられます。次に項目をあげましたので、今のご自分の状況と照らし合わせ参考になさってみてください。

    男性は一つのことにしか集中できない


    男性は、心理状況・思考ともに”個人主義”でよくいえば几帳面、悪くいえば要領が悪いところがあります。したがって、一つの物事を順番に片付けていくことはとても得意なのですが、女性と違っていくつもの物事を同時にこなしていくことが不得意な場合が多いのです。

    たとえば彼が今、仕事で大きなプロジェクトなどを任されている場合、そのことだけで頭がいっぱいになり、彼女の存在自体気にかける心理状態ではなくなっている可能性があります。これは彼女の存在の大きさに関わらず、男性の脳の仕組みがそうさせていると考えられます。

    電話やLINEが面倒


    男性が音信不通になる心理の奥には、電話・LINEが面倒という理由もあります。女性は友達などと他愛もない話で何時間も電話したり、LINEでやり取りすることができますが、男性は長電話などは苦手です。

    男性の心理として、電話は用件を伝えるものであって、女性と違いコミュニケーションのツールとしての解釈はありません。なので、彼女に連絡すれば電話が長くなってしまう、またはLINEの返事が面倒…などの理由があり、つい音信不通になってしまうことも考えられます。

    ケンカになりたくない


    彼氏の心理として、具体的にある理由が存在する場合もあります。たとえば他に気になる女性ができたなどの”彼女に連絡しづらいわけ”です。連絡を取った場合、ケンカは免れないという状況があるため、音信不通になっている可能性も考えられます。

    男女で口論になると、どうしても男性は女性に負けてしまう傾向がありますよね。そんなことを想像すると気が重くなってしまい、音信不通にしてケンカを避けたいと考えている可能性もあります。

    心理状態が「恋愛」ではない


    男性は一つのことに集中すると、そのことで頭がいっぱいになってしまう…と最初の項目でも申しましたが、そんな理由に加え今の彼氏の心理状態がそもそも”恋愛モード”ではないことも可能性としては考えられます。

    彼氏のおかれている状況がなにかしらの理由で今は大変な状態にあり、頭が恋愛そのものを避けたいのかもしれません。今彼氏に大事なのは彼女との恋愛よりも、”今おかれている状況”の方なので、音信不通にすることで彼女の存在そのものに目を向けないようにしているということも考えられます。