浮気相手を本気にさせる方法とは?浮気から本命になる瞬間を解説!

  • 浮気相手を本気にさせたエピソード4選!

    浮気相手を本気にさせる前に気を付けておくべき事では、ショッキングな内容が多く気分が沈んた人もいるかもしれませんが、気を取り直して浮気相手を本気にさせたエピソード4選!をご紹介したいと思います。

    本気にさせる事ができた先輩達のエピソードを参考にして、自身の略奪愛の成功に活かしましょう!

    遊びから本気にさせて…


    「最初は互いにフランクな関係からはじまったんですが、お互いの事を知り合う事で気付けば本気になっていました。相手には妻子がいましたが、別れて私と結婚する事に…。相手の妻も以前浮気をしていた事から示談で丸く収まりました。」(28歳/女性/保険外交員)

    こちらの女性の場合は、本命である妻に以前に不貞行為があった事から示談となり事なきをえました。うまくいった事は喜ばしいですが、訴訟問題には気をつけたいものですよね。

    見事スピード婚に!


    「軽く婚約を交わしていたものの、結婚へと踏み切れなかった彼氏と浮気していたのですが、最終的にはその悩んでいた相手と別れて、私と真剣に交際してくれる事となりました。私も結婚をしたくて焦っていた事からスピード婚をする事になりました!」(32歳/女性/美容関係)

    こちらの女性の体験談を見ても分かるように、タイミングの大切さも痛感させられますよね。

    永い戦いの末に…


    「愛人というポジションで彼氏と関係を持ち続けた10年間。本妻に負けじと完璧な女になれるように日々努力して、ようやく本妻にバレた事がきっかけで離婚してくれる事になりました。

    私との結婚の話はまだしてませんが、これから煮詰めていきたいです。」(38歳/女性/化粧品販売)

    こちらの女性の一途な想いには脱帽ものです。今後はゆっくりとその人との将来を築きあげてほしいものです。

    すべては作戦通り


    「浮気からスタートして8年間、私の存在を彼の妻に知らせる事で徐々に夫婦間に亀裂が走りだしました。そして、満を持してすべてをその妻に打ち明けた事で彼とは離婚する事になりました。

    彼は私の行動に激怒しましたが、許してもらって現在は結婚まで進める事ができました。」(40歳/女性/貴金属買取スタッフ)

    こちらの女性の愛情の深さには関心させられますが、少し大胆すぎる印象も受けます。後の事を考えると行動には慎重さも必要です。
  • 「する後悔としない後悔」どちらを選ぶか

    何かと障害が多い略奪愛ではありますが、最終的には“する後悔としない後悔”どちらを選ぶかではないでしょうか。

    奪ってでもその人と居たいと願うのであれば、その先に何が待っていようと頑張るべきでしょう。何が待っていようとその道を進みたいと思ったなら、それだけ気持ちが強いという事です。

    かの偉人は言いました。「迷わず行けよ行けばわかるさ」と。

Photo:All images by iStock