浮気相手を本気にさせる方法とは?浮気から本命になる瞬間を解説!

  • 浮気相手を本気にさせる方法は?

    では、浮気相手を本気にさせるために自分自身で何ができるのでしょうか。本気にさせる方法があるなら努力をしてでも頑張りたいと思う人は多いですよね。

    これまでに解説してきた事も取り入れて、本気にさせるために何をすべきかをご紹介します。

    エッチの腕を磨く


    体の相性という言葉をよく耳にしますが、この体の相性があまり良くないと男性にとって大きな問題となる事があります。

    エッチは誰とでもする行為ではなく、好きな人とだけするものですよね。そして、好きだからするものとも言えます。この相性が合わないというのは、言葉だけで片付けていい程簡単なものではないんです。

    相手が何をして喜ぶか、何をしたがっているかなど、相手の希望も前向きに聞き入れたり、テクニックを磨く努力も必要です。

    “相性”という表現をしていますが、努力や前向きに取り組む事でその相性が良いと感じさせる事も可能なんです。

    彼のことを誰よりも気遣う


    本気で好きになる時の要素として、自分の事をどれ程愛しているか、どれ程優先してくれているかという事に注目する人は少なくありません。

    何よりも自分を優先して、誰よりも自分に気遣っている姿を見る事で、男性にその女性が誰よりも自分を愛してくれていると感じさせる事ができます。

    いい嫁になれるアピールをする


    女性らしさを磨く事も重要ですが、男性に将来的に嫁になった時に「いい嫁になりそうだな…。」と思わせる事も方法の一つとして挙げられます。

    男性は女性の女性的な部分に魅かれますが、外見的な要素の他にも家庭的な部分を見る事でも魅かれる事があります。

    例えば、手料理を披露するとか忘れ物の服を洗濯して返してあげるなど、方法は様々ですが日常的に家事をこなしている印象を与える事ができればOKです。

    他の男性からもアプローチを受けていると言う


    “本命がいて、都合の良い女性がいる…。”安定した本命の彼女が居ながら、恋愛を楽しむ浮気相手がいるというのは、男性にとって何も望む事が無い充実した生活を送っている事でしょう。

    もし、その男性を本気にさせたい場合は、他の男性からもアプローチを受けていると伝えて、他の男性にとられるかもしれないという危機感を与えてあげましょう。

    伝え方は難しいですが、そのアプローチに喜んでいたり揺らいでいるという風に伝えてはいけません。

    この方法はあくまでも男性の独占欲を刺激するためなので、誰にでも揺らいでいる女性に対して独占欲が刺激される事もありますが、逆に独り占めする事を諦めてしまう可能性もあるからです。
  • 浮気相手を本気にさせたい場合気をつけることは?

    浮気相手を本気にさせたいと思った時に、行動する前に心得ておかないといけない事があります。通常の恋愛とは違い、あくまでも“略奪愛”という事を念頭に置いておかないといけません。

    では、浮気相手を本気にさせたい場合に気をつけることは、どのようなものがあるのでしょうか。

    彼に依存しすぎない


    “彼を自分のものにしたい”という想いがあるからこそ、この記事をここまで読み進めてきた人もいるかもしれません。しかし、可能性はゼロでは無いにしろ、あくまでも彼には本命の彼女、もしくは妻がいます。

    その本命から奪う事ができるかもしれませんが、もしかすると奪えないかもしれません。肉体関係を持っている場合は余計に、気持ちだけが先行して好きな気持ちが先走っている可能性もあります。

    好きになってしまう事は防ぎようは無いかもしれませんが、行き過ぎて依存してしまうと略奪できなかった場合のショックは相当なものとなってしまいます。

    法律的な問題も考慮する


    相手が妻帯者などである場合は、本命の人から奪う事ができたとしても法律的な問題が浮上してきます。あなたにとっては恋が成就したと喜べる事でも、本命の妻にとっては家庭を潰されたという事になってしまいます。

    本命の妻がもし、浮気相手が原因で家庭を潰されたと主張して訴訟を起こした場合、慰謝料を請求される事態になってしまいます。

    ですから、本気にさせたい相手が妻帯者である場合はそういった法律的な問題も考慮しておきましょう。

    嫉妬的な問題も考慮する


    相手には本命がいる事を前提として解説してきましたが、その相手の事には一切触れてきませんでした。相手には自分という存在に嫉妬して憎む可能性が高い“本命”という存在がいます。

    先の項で紹介した法律的な問題はクリアできたとしても、人対人のトラブルに発展する可能性は大いにあります。

    もし、本命が浮気相手の存在を知った時に、その嫉妬と怒りが自分に向くかもしれないという事は忘れてはいけません。

    歴史は繰り返す


    本命である相手から奪って、浮気相手である自分に彼の気持ちを本気にさせる事ができたと仮定します。しかし、自分と彼との関係が浮気相手からはじまったという事は、相手には少なからず浮気癖があるという事です。

    つまり、自分が本命になった場合にも同じように、浮気相手に本気になってしまう可能性が大いにあるということ。今度は自分が逆の立場になるかもしれない、ということを頭に入れておいた方がいいでしょう。