社内恋愛は秘密にすべし!バレない方法など「職場恋愛のコツ」を解説

  • 社内恋愛を秘密にするための注意点

    周囲には非常にバレやすいと言える「社内恋愛」。では、社内恋愛を秘密にするためにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

    スマートフォンをデスクに置かない


    社内恋愛を秘密にするために、スマートフォンをデスクの上に置かないようにしましょう。スマートフォンを置いておくことで、ふとした瞬間にラインや電話の通知が見えてしまうことがあります。「人は動くものに反応してしまう」といった性質もあり、たとえ画面を見ようとしていなくても「見えてしまった」ということは多くあります。

    もしもどうしてもスマートフォンをデスクに置いておく必要がある場合は、必ず画面を下にして置くようにしてくださいね。

    職場の近くで待ち合わせしない


    社内恋愛を秘密にするためには、職場の近くで待ち合わせをしないことも必要です。職場の近くは、あなたが思っている以上に社員だらけです。徒歩圏内の場所であれば、かなりの確率で職場の人間がいると思って良いでしょう。

    そのため、待ち合わせは最低でも電車で一駅分以上離れた場所にするのが賢明です。電車移動がある場合は、待ち合わせをせずに「○時○分発の電車に乗る」などと決めておいても良いでしょう。

    公私混同しない


    公私混同をしないことは、社内恋愛を秘密にするうえでとても大切なポイントのひとつです。喧嘩をしていたとしても、良いことがあってイチャイチャしたいと考えていても、社内では社内に適した行動をすることで、社内恋愛を秘密にできる可能性が高まります。

    部署やフロアが異なるなど、社内で一定の距離をとることができる関係であれば、距離をとるように意識してみても良いかもしれませんね。

    退社時間をずらす


    退社時間をずらすことも、社内恋愛を秘密にできる可能性が高まるポイントのひとつです。人によって退社時間が大きく異なるような会社であればなおさら。仕事が忙しくもないのに残業をしたり、たて込んでいるのに急いで帰ったりを続けていては不審に思われ、秘密もバレてしまいますよね。

    「絶対に一緒に帰りたい!」という場合でも、最低30分程度はずらすと良いでしょう。全く同じ時間に席を立つよりはバレにくいと考えられます。

    2人きりにならない


    やむを得ない場合を除いて、なるべく2人きりにならないようにすることも大切です。「社内恋愛は絶対秘密にする!」と決めて行動をしている場合でも、やはり「2人きりの親密な雰囲気」というのは伝わってしまうものです。

    ほかの社員よりも距離が近い、言葉遣いが異なるなど、2人きりの時のちょっとした違和感が「バレ」に繋がる可能性は高いと言えるでしょう。