社内恋愛は秘密にすべし!バレない方法など「職場恋愛のコツ」を解説

社内恋愛をしてる人って、意外と多いですよね。今まさに「社内恋愛をしている!」という人もいるのではないでしょうか。この記事では、社内恋愛を秘密にすべき理由やコツをご紹介しています。社内恋愛を成功させたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 社内恋愛は秘密にするべき?

    「同じ職場で出会った」というカップルは、今も昔もそれなりに多いものです。同じ環境のもと、さまざまな人たちが同じ目標に向かって働いているのですから当然ですね。時には、部署やプロジェクトを同じくして仲を深めていくカップルもいるようです。

    一方、「社内恋愛」と聞くと「めんどくさそう」「疲れそう」といった意見も。さらに、社内恋愛において最も多くの人が気にするポイントが「周囲にバレてしまうこと」でした。社内恋愛を推奨している会社もあるようですが、ほとんどの人はそううまくはいかないものです。

    では、社内恋愛は秘密にするべきなのでしょうか?この記事では、社内恋愛を秘密にするコツや考え方のポイントなどを解説していきます。

    そもそも社内恋愛のメリットは?


    社内恋愛のメリットとしては、「相手の仕事ぶりや性格がわかる」「お互い仕事への理解がある」「共通の話題が多い」ということが挙げられます。「同じ仕事をしている」ということによって、より相手に対して理解を深めることができるようですね。

    結婚を前提とした恋愛であれば、社内恋愛は非常に大きなメリットがたくさんあると言えるでしょう。

    社内恋愛のデメリット


    社内恋愛のデメリットとしては、「周りにひやかされる」「バレると面倒なことになる」「喧嘩した時や別れた時がつらい」ということが挙げられます。デメリットの多くは、「周りの目が気になる」といったことから生まれるものがほとんどですね。

    社内恋愛は結婚につながりやすい反面、周りに公表するまでは周囲への気遣いの連続であると言えるでしょう。器用な性格でないと、秘密の社内恋愛を続けることは難しそうです。
  • 社内恋愛は秘密にすべし!その理由とは?

    社内恋愛について、多くの人は「秘密にするべき」だと考えているようです。では、なぜ社内恋愛は秘密にするべきなのでしょうか?ここでは、その理由を解説していきます。

    職場でからかわれる


    恋愛関係にある2人をからかう人は、職場に限らず、どこにでもいるものです。偶然同じ場所に居合わせた時、同じプロジェクトに配属された時、そうでなくてもなにかと理由をこじつけてからかってくる人は必ず現れるでしょう。

    中には「からかわれるのは気にならない」という人もいますが、多くの人はからかわれ続けることで嫌な気持ちを覚えます。からかわれることでイライラしてしまい、仕事のミスや失敗につながる可能性もあるでしょう。

    他の社員にプライベートをバラされる


    社内の顔とプライベートの顔が全く異なる人は、社内恋愛をすることで「恋人にプライベートをバラされてしまう」という可能性があります。例えば、「恋人には自分がオタクであることを伝えているが、社内の人間には秘密にしている」という人はいるのではないでしょうか。

    そういった場合、恋人が「彼女(彼)、本当はオタクなんだよ~」などと他の社員にバラしてしまうこともあるでしょう。さらに、普段の行動や恋人に対する態度など、ほかの社員に話してほしくないようなプライベートなことを話してしまうかもしれません。

    仕事がしづらくなる


    社内恋愛は、周囲の人間にとても気を遣わせることになります。例えば、長期の出張や急な残業など、2人が気にしていないようなことに対しても「恋人のほうは大丈夫?」「彼(彼女)に心配されてない?」などと気を遣った発言をしてくる上司がいるかもしれません。また、仕事で2人が関わることになった場合には周囲の目も気になるでしょう。

    社内恋愛をすることによって、これまでスムーズに進んでいた仕事がうまくいかなくなる可能性があるかもしれませんね。

    別れた時に面倒


    社内恋愛を公表していた場合、別れた時が非常にやっかいです。まずは周囲に「別れました」と伝えなくてはなりません。もちろん、必ずしも別れたことを伝える必要はありません。しかし、別れたことを伝えなかった場合、まだ付き合っていると思って話をしてくる人もいるでしょう。

    さらに、「別れた」ということを周囲が知っている場合は、落ち込んだ素振りを見せたり、仕事を休んだりすることもしにくい状況です。別れたことを気にしないようにしていても、周囲が気を遣ってしまい「別れたことが余計気になってしまう」という人は多いようです。