本当に運命の人はいるのか?出会う前兆や出会い方を体験談付きで紹介!

  • 運命の人の特徴・見分け方《気持ち編》

    運命の人にはどんな特徴があるのでしょうか、また有効な見分け方とは?運命の人がいるのかどうかの見分け方があるのならぜひ知りたいですよね。ここでは主に気持ち的なことに関して、運命の人の特徴や、見分け方についてお伝えしていきます。

    初対面なのに懐かしい気持ちになる


    運命の人と出会うと、初対面なのにどこか懐かしい感覚を覚えることがあります。ありがちな口説き文句の「以前どこかでお会いしましたか?」という言葉は、運命の人に出会ったときに自然と出てくることが多いフレーズです。

    運命の人に出会うと初めて会ったような感じがしないので不思議と印象に残ります。懐かしい感じがして、なおかつ嫌な感じがしないときは、その人があなたの運命の人なのかもしれません。

    運命の人はいるの?と思うほど似ている部分が多い


    運命の人は自分と似ている部分が多いという特徴もあります。価値観や考え方、笑いのセンスなどのほか、人生を歩んできた道のりも似ていることがあります。

    例えば通っている学校は公立だったか中高一貫校だったかとか、これまでの恋愛経験、社会人としての経歴など、人生の来歴や雰囲気が似ていることが多いのです。運命の人の話を聞いていると「なんだか自分と同じようなコースをたどってきているな」と感じることが多いでしょう。

    運命の人はいるのかと思うほど同じチョイスをしがち


    運命の人は人生の岐路にたったとき、あなたと同じようなチョイスをする傾向にあります。ここで資格の勉強をしておいた方がいいかなと感じて会社を辞めて勉強に打ち込んだり、留学に行ったりといった人生の選択が同じということが多いです。

    人生の岐路に立った時にパートナーが選ぶ道を理解しやすいのも運命の人の特徴です。人生という長い道のりを一緒に歩くときに、同じ方向に行きやすいというのは、運命の人だと考えても良いでしょう。

    ファッションがかぶりがち


    運命の人とは打ち合わせもしていないのに服装がかぶることがあります。ボーダーかぶりはよくあることですが、そのほか色がかぶったり服装のテイストがかぶったりと、テレパシーでもあるかのように似たような服装で現れます。

    服のほかにも持ち物がかぶったり、靴やバッグなどの小物がかぶったりと、何かとシンクロすることが多いので思わず笑ってしまうことも。服装などのファッションがかぶるたびに「通じ合っているね」と笑い合うことで絆も深まるのではないでしょうか。