「会いたいのに会えない」好きな人と会えない時の対処法を徹底解説!

  • 「会いたいのに会えない」スピリチュアルな意味とは

    「会いたいのに会えない」という言葉の中にはスピリチュアルな意味合いが含まれています。スピリチュアルとは、深層心理を表すもの。なぜ「会いたいのに」とわざわざ言ってしまうのか、その心理の本質を確かめてみてください。

    「会えるはずがない」と思ってしまっている


    「会いたい」と思う気持ちとは裏腹に「会えない」とも思ってしまうのは、心のどこかで「伝えたところで会えるはずがない」と思っているからです。「会いたいけど、会える望みは薄い」という、会うこと諦めた心理状態といえるでしょう。

    「恋人を失ってしまうのでは」という恐れ


    「会いたいのに会えない」という言葉の中には、不安がたくさん詰まっています。本当はいつも手をつないで隣に置いておきたい気持ちがあるのに、現実はそうならないジレンマに駆られている状況です。

    「誰かに取られてしまうかも…」、「事故に遭ったらどうしよう」などと、いつも心配な気持ちが溢れてしまう人は、相手のことを心から信用できていないところがあります。もう少し広い気持ちを持って、好きな人と接していくべきですね。

    満たされていない心理の表れ


    「会いたいのに」と、「○○のに」という言い方をする人は心が満たされていないことをアピールしている状態です。色々な事情を理解しているつもりでも、どうしても苦しくて切ない気持ちから「会いたいのにな」という言葉が出てしまうもの。

    素直な気持ちの表れなので、口にすることは決して悪いことではありません。ただ、「会いたいのに」とばかり言われると後ろ向きな印象が残ってしまうので、「会いたいな」とストレートに伝えてくれた方が前向きに感じるはずです。

    「次はいつ会えるんだろう」という焦り


    大好きな人に早く会いたいばかりに気持ちが焦っている時こそ「会いたいのに会えない!」と強く思うものです。思うようにデートの約束ができなかったり、相手に不満や焦りがある心理が表れてしまっています。

    自分の訴えばかりを好きな人に伝えすぎると、重く感じさせてしまうので、そんな時は気持ちを逸らすことを頑張ってみましょう。好きな趣味に没頭したり、女友達とおしゃべりしたり、思い思いの時間を過ごしてみてください。