【保存版】ドライブデートの会話・服装・車・持ち物を完全解説!

  • ドライブデートのNG行動《男性編》

    ドライブデートでは女性と近い距離で長時間過ごすことになります。女性は清潔感を気にする傾向があるので、男性が普段気にしないようなことも気を付ける必要が。ここではドライブデートで男性がとってはいけないNGな行動や会話についてお伝えしていきます。

    ドライブデートでの運転自慢


    ドライブデートで自分のドライビングテクニックを女性に自慢したくなる気持ちは理解できます。しかし多くの女性はドライビングテクニックにあまり興味はありませんし、どこがすごいのかもまったくピンと来ていません。

    たとえカーブを高速で曲がることができたとしても、危険な運転としか認識しないでしょう。のんびり走っている車を急発進で追い抜いたとしても、彼女の恐怖心が増すばかりです。車にあまり興味のな女性にとっては、すごい運転技術を見せるより安全運転で走る方が好印象になります。

    スピードを出しすぎ


    ドライブが好きな男性の中には、スピードを出して目的地まで早く着くことを自慢にする人もいます。高速道路で追い越し車線でぐんぐん他の車を抜き去るのは、そういった男性にとって快感でしょう。

    ただし高速道路でスピードを出すよりも安全に運転してほしい女性にとっては恐怖の時間です。いつぶつかるか気が気でなかったり、車線変更のたびに体に力が入ってしまいます。女性が怖がっているような場合は、すごいスピードで飛ばせる自分を自慢したい気持ちをぐっと抑えて、安全運転を心がけるようにしましょう。

    周りのカップルの車などに文句を言う


    車を運転すると人が変わったように周囲に文句を言う男性もいます。周囲の車の運転が気に入らなかったり、カップルの行動が気に入らなかったりすると汚い言葉で罵ったりすることも。

    運転することで頭のモードが切り替わってしまうのかもしれませんが、決して印象の良い行動ではありません。彼女と良い関係を築きたいのであれば、罵りたくなっても我慢することが大切。また一時的に我慢しているだけではダメなので、車に乗ると人を罵るクセ自体を改めるようにした方が良いでしょう。

    女性への注文が多い


    「車を運転して大変なのは自分」という意識があるのでしょうが、助手席に座る女性に注文が多い男性もいます。ガムをくれ、飲み物をくれといった注文程度ならともかく、ナビを頼んでおいて道を間違えると怒りだすなど、要求することが多いのは困りものです。

    「助手席に座っているんだから運転手を補佐するのは当然だろう」と思わずに、自分でできることは自分でやる努力を。あまりにも要求が多いと、この先結婚しても同じような扱いを受けるのだろうか、と女性が不安になってしまうでしょう。