話しかけてくる男性は脈アリ?その男性心理と好意の見極め方を解説!

  • 話しかける以外でもわかる「好意のサイン」

    話しかけるという行動の他にも、なんとなく感じ取れる好意のサインはもちろんあります。次であげる項目がよく当てはまる場合は、あなたに好意を持っていることに限りなく近いと考えて良いでしょう。

    よく目があう


    ふと見られている感じがして振り向いたら、その男性とバチっと目が合うなどの経験はありませんか?人間は不思議なもので、視線を感じとる場合があるのです。どうしてそうなるのかは分かりませんが、なんとなく見られているためによく目が合うというのは、その男性があなたに対する何らかの気持ちを抱いているせいでしょう。

    ウワサが回ってくる


    学校生活などでは特にいえますが、相手の男性が友達などに恋バナをして、そのウワサがこちらの耳に入る場合もあります。火のない所に煙は立たたないので、そんなウワサが耳に入ったら、好意を持たれていると考えて良いでしょう。

    いつも視界に入るところにいる


    気が付くとその男性がいつも視界に入るところにいるなんてこともあるでしょう。それは気のせいではなく、おそらく相手の男性が意識的にそうしているものと考えられます。好意を持っているあなたのそばに少しでも近づき、チャンスがあったら話しかけたいと考えているのでしょう。

    自分のそばに来ると顔がこわばる


    複数の人と一緒にいて、その中にあなたが加わると急に顔がこわばる男性はあなたに好意があり、意識しているものと考えられます。これまでにケンカしたことがあるといった理由がないのに、あなたの前だと顔がこわばるのは緊張している証拠でしょう。

    よく笑う


    自分の気持ちをストレートに表現できる男性は、好意を持っているあなたが近くにいるだけでよく笑顔を見せるでしょう。自分のことを良く見せたいという心理から、明るく振る舞っていることが考えられます。

    逆に不機嫌そう


    少し分かりづらいパターンですが、あなたがそばに近づくとあからさまに不機嫌そうになる場合も好意の裏返しの場合があります。自分の気持ちを素直に伝えるのが不得意な男性が、このような現象になることが多いようです。