セックスできる場所まとめ!初エッチ・マンネリ解消…場面別スポット

  • おすすめのセックスできる場所《良コスパ編》

    先の項はおすすめのセックスできる場所の“初エッチ編”という事でしたので、はじめてセックスをするという事を考慮した場所をご紹介しました。

    そして、続いては“良コスパ編”の場所となりますので、あくまでもコストパフォーマンスに特化した場所となります。

    “初エッチ編”の場所とは違い声や物音が周囲に漏れたりするなど、周囲に配慮が必要になりますので、くれぐれも興奮状態になると周りが見えなくなる人は注意が必要です。

    ネットカフェ・マンガ喫茶


    ラブホテルが提供している食事や飲み物のような基本的なサービスはもちろん、お風呂や洗濯までできる所もありますので、サービス的にはラブホテルと同等か、それ以上でプライベート空間を提供してくれる数少ない場所です。

    パーテーションで仕切られた空間では音も声も筒抜けなので、オススメは完全個室の部屋が数部屋ある店舗などを利用するのが安全でしょう。

    レンタルルーム


    複数で会議ができるような空間から、女子会やパーティなど幅広いニーズに応える豊富なバリエーションのお部屋をレンタルできます。

    基本的に3人以上を想定した場所が多く、多人数を想定した規模のお部屋をレンタルすると価格的に高くなってしまいます。ですから、少人数規模のお部屋を短時間借りるというような借り方でセックスしたら即退室する事で少額に抑えられます。

    料金×時間というシステムが一般的で、ラブホテルの休憩代わりに利用するなど価格を低く抑える為の使い方をすればかなりのコストパフォーマンスを誇ります。

    カラオケ


    受付や廊下に防犯カメラを設置している店舗が殆どですが、店舗によっては室内にも設置されている場所もあるようです。他にも部屋の場所によってはトイレに行くための通り道になっていたりなど、人通りが多いお部屋になった時は厳しい場合もあります。

    カメラや人通りの問題をクリアした場合は、レンタルスペースをも凌駕するコストパフォーマンスを発揮します。しかし、店員に目撃されたり利用客に目撃されたりとリスクが多いので注意が必要です。

    レンタルスタジオ


    音楽バンドをくんでいたり、グループで楽器を演奏している人には馴染みがあるレンタルスタジオです。防音設備は完璧で音や声に気を遣う必要は一切ありません。そして、防音のために窓が無いスタジオも多く存在します。

    男女二人が手ぶらでレンタルスタジオに来た場合は、誰がどう見ても怪しいので楽器を持っていくくらいのカモフラージュはした方が良さそうです。

    ただし、いずれの場所も、本来はそうした使い方が禁じられている可能性があるため、あらかじめ施設のルールを確認する必要はあるでしょう。