「仕事の要領が悪い人」の特徴&改善方法|実は成功するタイプ?

要領が悪い人・要領が良い人ってどんな人?要領が悪い人と良い人の特徴や行動、向いている仕事・作業について紹介しています。ただ、要領が悪くても努力次第では将来性があるので要領が良い人はイライラしないようにうまく付き合ってあげるのが良いでしょう。その方法とは?

  • 要領が悪くて悩んでませんか?

    なにをやっても要領が悪い人っていますよね。しかし、もしかしたら自分にも要領が悪い人の特徴が隠されているかもしれません。そこで今回はどんな人が要領が悪いのか、その特徴と改善方法をご紹介します。

    要領が悪い人はなにをしてもダメな人…という印象がありますが、実は良いところもあるんです。

    実際「要領が悪い」とはどんなことで、どのような特徴があるのでしょうか?なんとなくニュアンスで使ってしまっている…という方は、今一度「要領が悪い」の意味や特徴をおさらいしてみましょう!

    そもそも「要領」の意味や特徴とは


    「要領」にはふたつの意味、特徴があります。ひとつは「物事の一番大事なポイント(要点)」という意味で、ふたつ目は「物事のポイントをおさえた上手な処理の仕方」という意味です。

    「要領」の意味、特徴にはふたつありますが、今回の記事でご紹介している「要領が悪い」という場合の使い方の「要領」の意味は、後者になります。

    「要領が良い」という言葉なら「センスがいい」「仕事がうまい」という意味になりますが、「人に取り入るのがうまい」「手抜きがうまい」という皮肉めいた言葉にも聞き手によっては解釈されてしまうので、必ずしもいい意味とは限りません。

    要領が悪いってつまりどういうこと?


    「要領が悪い」という言葉は「仕事ができない」「手際が悪い」「へたくそ」「段取りが悪い」「不器用」という意味、特徴になってしまいます。

    たとえば、うまく仕事を処理したかったりスピーディーにものごとを進めたいのに、もたついてしまったり失敗してしまうような場合「要領が悪い」という意味に。なにをしてももたついたり、失敗してしまうのが特徴の人って時々見かけますよね。

    自分自身もしなければならないことがうまく進められなくて失敗続きになったことがあるという人は、要領が悪い可能性があります。