彼氏と寝るときの愛されテクニック公開!一緒に寝る時の男性心理は?

  • 「彼氏と寝るときの愛されテクニック」に関する専門家の意見

    彼氏と初めての「お泊まり」では、どう振る舞うべき?


    二人の距離が徐々に縮まり、いよいよお泊りデートをすることになったら……。単に「一緒に寝る」だけではなく、やはり初めてのエッチがこのデートの最大のハイライトになるでしょう。待ち合わせ場所にどんな顔をして現れるべきなのか、その後、密室で二人きりになったらどう振る舞えばいいのか…。考えれば考えるほど悩んでしまいますよね。これについて、『オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑』(中井信之)には、以下のような記述があります。
    「デートを重ね、とうとうやってきたはじめてのお泊まり。彼をその気にさせる『モテしぐさ』とは一体何か?実際、お泊まりの時点で、彼はすでに『その気』です。
    いろいろ小細工をする必要はありません。あなたは、『まな板の鯉』の心持ちでいればいいのです。
    棒立ちで相手の瞳をじっと見つめる。それだけで十分。むしろ、あれやこれやしようとするほうが、ムードを壊してしまう可能性大です。
    服を脱ぐのも彼に任せます。棒立ちで様子を見て、どうしていいかわからない純粋さを伝えます。あまりにも何も起こらなかったら、「脱いでいい?」と言ってみるのもいいでしょうが、男性からすると、妻になってほしい人が喜んで服を脱いだら、『今までどんな恋愛をしてきたの?』と、とても不安になります。
    コトが終わったあとは、セクシーなあなたを見せてOK。ピアスを付けるときは手をクロスすると色気が出ます。」
    このように、初めてのお泊まりでは、基本的に「彼氏にお任せ」という態度を通すのが無難なようです。待ち合わせ前からドキドキしてしまうに違いありませんが、彼氏のリードに身を任せる心づもりでゆったり構えましょう。

    彼氏と寝るとき、セクシーランジェリーは逆効果になる場合もある


    彼氏と一緒に寝るとなると、下着にも気を使います。上下を揃えたり、清潔感を意識したりするのは当然として、「セクシーなデザインのものを選んだほうが喜んでもらえるかな?」などと気を回しすぎてしまう人もいるでしょう。
    これについて、『新型ぶりっ子のススメ 彼に恋させる、計算ずくの恋愛戦略』(下田美咲)には、以下のような記述があります。
    「モデルをしていた10代の頃、現場スタッフの中に既婚で子持ちの男性がいると、よく質問していたことがあります。
    『奥さんとラブラブですか?』
    『いやー、もうラブラブとかじゃないね』
    『そうなんだ。性行為って、普通にできるんですか?』
    『いやー、厳しいね』
    『じゃあ、2人目の子どもの時って、どうやって作ったんですか?』
    回答として多かったのが、『お酒をんでどうにか』『直前まで動画を観てどうにか』の2つで、
    『もし奥さんが、積極的に迫ってきたら?寝室に行ったらセクシーな下着でスタンバイしていたら、どうですか?』
    と重ねると、『恐怖でしかない』『そこまで追い詰めたことを申し訳なく思う』と答える方が多かったです。
    女性が、『セクシーランジェリーでも着ればどうにかなるかも、彼もその気になるかも』という考え方に至るような状況で、どうにかできる可能性は、ありません。
    セクシーランジェリーの効果があるのかは、上下バラバラの下着でも大丈夫な関係性の時の2人であって、『力を借りないと!』と焦った時のセクシーランジェリーは、ただの脅迫になってしまいます。
    (中略)
    焦って身につけるセクシーランジェリーは、男性にプレッシャーをかけるだけですし、下品さにも繋がります。
    余計にそういう気になれなくなるので、やめておきましょう。」
    このように、セクシーランジェリーを身に着けると、場合によっては「ガツガツしすぎ」「むしろプレッシャー」ととらえられるおそれがあるようです。付き合い始めたばかりでお互いテンションが高い時期であっても、女性に奥ゆかしさを求めるタイプの彼氏にはドン引きされる可能性もあるため、あまり過激なものを選ばないのが無難でしょう。

    <参考文献>
    『オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑』(中井信之)
    『新型ぶりっ子のススメ 彼に恋させる、計算ずくの恋愛戦略』(下田美咲)



Photo:All images by iStock

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)