彼氏と寝るときの愛されテクニック公開!一緒に寝る時の男性心理は?

  • 彼氏と寝るときこんなことされたら愛されてる証拠!

    一緒に寝るということは、もちろん相手のことが好きだという前提条件があります。それでも一緒に寝る時は、自然ともっと愛情表現をしてしまうそう。彼氏と寝るときにこんなことをされていたら愛されてるという彼氏の行動をご紹介します。

    優しく頭を撫でる


    一緒にベッドに寝るときに、優しく頭を撫でてくれると愛されている証拠でしょう。男性が頭を撫でるのは、動物や子供など、自分よりか弱くて愛おしい存在にする行為です。彼氏があなたの頭を優しく撫でてくれたならば、その瞬間、彼氏はあなたが愛おしくて愛おしくてたまらないのでしょう。

    たくさんキスしてくれる


    たくさんキスをしてくれるのも愛されている証拠です。寝る前はすっぴんで、いつもより可愛さは劣るかもしれません。それでもあなたにたくさんキスをしてくれるということは、ありのままのあなたを愛おしいと思い、大切にしたいと思ってくれているということです。

    特にエッチをする雰囲気じゃなくてもたくさんキスをしてくれる彼氏は、本当にあなたのことがただただ愛おしいのでしょう。エッチの前にたくさんキスをしてくれるのは前戯としてのキスですが、寝る前のコミュニケーションの一つとしてキスをたくさんしてくれるのは、愛おしさが溢れている証拠なのかもしれません。

    足を絡めてくる


    寝るときに彼氏が足を絡めてくるのも愛されている証拠。寝る時は自由にのびのび寝たいものですが、彼女が大好きでたまらない彼氏は少しでも彼女とくっついていたいので、彼女の足に自分の足を絡めます。

    足が絡まっていると実際は動きづらいですし、寝づらいですが、その絡まっている足から伝わるあなたの熱を感じると、彼氏はより愛おしさが増すようです。

    くすぐってくる


    寝るときに彼氏がくすぐってくるのも愛されている証拠でしょう。お風呂に入ってリラックスしてパジャマに着替えると、なんだか少し遊びたい気持ちが出てくるという彼氏もおり、そういう彼氏は彼女にこちょこちょしたくなるようです。

    笑っている彼女を見ると自分も幸せになるし、寝る前に彼女の爆笑を見ると、良い夢が見られるからくすぐりたいという彼氏も。

    顔を近くに寄せて好きだよと言ってくれる


    寝る前に顔を近くに寄せて好きだよと言ってくれるのも、彼氏に愛されている証拠です。お風呂上がりは身体がポカポカしており、日中と違って夜は暗いので、心もオープンになっていることが多いです。

    いつもは自分から気持ちを伝えてくれない彼氏でも、寝る前にボソッと好きだよと言ってくれると、女性もすごく嬉しいですよね。顔を近くに寄せ、目を見つめて好きだよと言ってくれるような彼氏は、本当にあなたのことを愛おしく、大切に思ってくれているでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)