別れてすぐ復縁する方法は?取るべき行動や復縁するカップルの特徴!

  • ベストな冷却期間はどれぐらい?

    別れてしまってすぐ復縁したいときは、どのくらいの冷却期間を置くといいのでしょうか。別れた次の日に連絡はしてもいいのでしょうか?復縁を考えている人は参考にしてくださいね。

    別れた直後


    別れた直後に復縁を申し出ると、上手くいく可能性が高いです。別れ話が終わるか終わらないかの時に「やっぱり別れたくない」となると、相手も「やっぱり別れない方がいいかな」と気持ちがぐらつきます。気持ちがぐらつくということは相手に気持ちが残っているサインなので、復縁の可能性大です。

    別れ話をしたその日はお互いヒートアップして別れてしまい、次の日になったら冷静になったという場合は、次の日に連絡するのもアリです。感情的になってしまうと、どうしても本当はそんなこと思ってないよ!ということまで口にしがちです。

    ですので別れた直後に「本当はそうじゃないんだよ」と復縁を提案すると良いでしょう。

    別れて1週間


    別れて1週間くらいに連絡してみるのもオススメです。1週間と聞くととても短いように感じますが、恋人と別れた後の1週間はとても長く感じられ、その位で相手のことを恋しく思う人も多いでしょう。

    怒りに任せて別れてしまった人は、気持ちが落ち着いて反省している最中でしょうし、そのタイミングで復縁を提案すると、成功する可能性が高いかもしれません。

    別れて2週間


    別れて1週間だと早すぎて連絡しづらいという人は、別れて2週間待ってみましょう。納得しないで別れてしまった場合、自分も相手ももう一度考える時間を十分に持て、今度はより冷静に話し合いができるかもしれません。

    別れて1ヶ月後


    別れるのに確固たる理由があって、お互いにどうしても一人になる時間が必要だという場合は、1ヶ月時間を置くのも良いでしょう。別れる時に色々話し合って別れたカップルでも、1ヶ月離れている間に、「やっぱりあれは言いすぎたかな」と思うこともあります。