自分から振ったのに後悔…辛い未練の断ち切り方&復縁や連絡のコツ

自分から振ったのに後悔することってありますよね。未練に苦しんでいる人も多いのではないでしょうか?この記事では「自分から振ったのに後悔する人の心理」と未練を断ち切る方法・復縁するコツについて紹介しています。辛い気持ちから抜け出したい人は、ぜひ読んでみてください。

  • 実は振った側のほうが後悔しやすい?

    自分から振ったはずなのに、時間が経つにつれ後悔の気持ちがふくれあがってくるなんて事、ありませんか?別れた元恋人のことが気になって、「連絡したい」という気持ちになる人も多いのではないでしょうか?今のモヤモヤした気持ちから、早く抜け出したいですよね。

    ここでは、恋愛についてのアンケート調査を参考に、「元恋人と復縁するコツ」や「未練タラタラな辛い気持ちを断ち切るコツ」について紹介します。
  • 自分から振ったことを後悔する瞬間

    まずは、自分から振ったことを後悔する瞬間について見ていきましょう。多くの恋愛には別れが付きものですが、別れるとなれば必ずどちらかが相手を振ることになります。

    振られた側からしてみれば、「自分への気持ちがなくなって振ったんだから後悔なんてないでしょ?」と思いがちですが、案外振った人の方が後悔するというケースは多いようです。

    他の人とデートしてみて「やっぱり違う」


    「3年付き合った彼女を自分から振ったけど、他の女の子とデートしても元カノほど合わない。自分は元カノといる時が1番楽しかったな…と絶賛後悔中です。」(28歳/男性)、「超優しかった元彼。自分から振ったのに今の彼と比べたら後悔しかない。今彼とのデートはなんか違う…。」(21歳/女性)など、他の人とのデートで気づく人は多いようです。

    特に、付き合っていた期間が長ければ長いほど、元恋人と別の異性との違いに違和感を抱く人は多いでしょう。それまで当たり前だった「2人の間のルール」のようなものは今の恋人や恋人候補にはありませんから、当然と言えば当然ですね。

    当たり前に来てた連絡が来なくなって


    「連絡がマメな彼氏で、『おはよう』から『おやすみ』までLINEが来るのが当たり前だった。当然だけど別れたら来なくなって寂しい。今さらだけど自分から振ったことを後悔してます。」(26歳/女性)というように、当たり前だった連絡がなくなった事で寂しくなり後悔するという人も少なくありません。

    特に元恋人がマメに連絡をくれる人だった場合には、それがなくなった時の喪失感というのは大きいのかもしれませんね。

    周りに「すごくお似合いだった」と言われて


    「別れた事を友達に報告したら『お似合いだったのにもったいない!』と言われて、確かにそうかも…なんて後悔しました。」(26歳/女性)、「別れた事を知った友達にお似合いだったのにな~あんなにいい彼女いないのに、と言われて後悔する気持ちが。」(24歳/男性)など、周りに言われたことで後悔するというケースも。

    「お似合いだった」と言われると、もしかして自分の判断が間違っていたのかも…なんて思ってしまうことはありますよね。それが後悔の気持ちをかきたてることは十分考えられます。

    元恋人が成長して輝いていた


    「私と別れた後、昇進して忙しくなった元彼。忙しそうだけどすごく輝いてて、ちょっと後悔しました。」(27歳/女性)、「自分から振ったんだけど…別れた彼女がすごくキレイになってて思わず二度見。振ったことを後悔。」(21歳/男性)など、別れた後で元恋人が成長して輝いている姿を見て後悔するという人は多いようです。

    振られた側からすれば元恋人に突然別れを告げられ、その気持ちを忘れるためにも日々仕事や自分磨きを頑張ったのかもしれません。その輝いた姿を見て振ったことを後悔するというのは、よくあるケースですよね。

    今の恋人と比べてみて


    「すごく優しかった元カノ。あきちゃって自分から振ったけど、今の彼女は元カノと正反対。すごく後悔。」(27歳/男性)、「元彼はすごく私を大事にしてくれた。今の彼氏は全然大事にしてくれなくて、自分から振ったことを後悔してる。」(21歳/女性)など、今の恋人と比べて後悔している人は少なくないようです。

    優しさや思いやりのある人が恋人だと、平穏な日々が続きます。でもそれが逆に「刺激が足りなくてつまらない」と思われてしまうというのはよくあることではないでしょうか?別れてみてその優しさに気が付くと後悔が押し寄せますよね。