女同士の喧嘩は超ヤバイ…!恐怖の「女の争い」あるあるエピソード

  • 女同士の喧嘩はなぜドロドロなの?

    では、女同士の喧嘩はなぜドロドロであることが多いのでしょうか?その理由を調べてみました。

    仲間意識が強いから


    「グループでおそろいのグッズをつけたがる」「トイレに行くときも集団行動をする」「仲間外れになっていないか常に気にしている」など、女性は男性に比べて仲間意識が強いと考えられています。そのため、喧嘩のために他人を巻き込んだり、集団で行動を起こそうとしたりすることが多いようです。

    喧嘩の当人たちとは関係のない場所でさらに喧嘩が発生してしまうのは、この「仲間意識の強さ」によるものであると考えられます。

    妬み嫉みが絡みやすいから


    嫉妬を前向きなエネルギーに変えて努力する人は少なくありません。しかし、女性の多くは嫉妬をポジティブに捉えることができず、相手に対する負の感情として嫉妬を増幅させてしまうようです。「悔しい」「うらやましい」「ずるい」といった感情を自分ではなく相手にぶつけてしまうことによって、ドロドロとした喧嘩に発展してしまうのかもしれません。

    感情的になりやすいから


    女性は感情的になりやすい生き物だと考えられています。そのため、喧嘩の原因や解決方法について冷静に考えるよりも「相手に傷つけられた」「悲しい想いをした」「私は怒っている」という気持ちが先行してしまうことが多いようです。さらに、感情的になってしまうと「喧嘩と関係のないこと」「もう終わったこと」まで持ち出して相手を責めてしまう原因にも。

    細かいことによく気がつくから


    女性は、男性に比べて「細かいことに良く気がつく」「小さいことにまで気がまわる」という特徴を持っています。そのため、喧嘩相手の女性についても小さなことで「ここ嫌だな」「ここも不快だな」と感じてしまうことが多いようです。小さなことをネチネチと責められてしまうことが、ドロドロとした喧嘩に繋がっているのかもしれません。