女同士の喧嘩は超ヤバイ…!恐怖の「女の争い」あるあるエピソード

  • 女同士の喧嘩あるある

    では、女同士の喧嘩は具体的にどのような特徴を持っているのでしょうか?ここでは、女同士の喧嘩の「あるある」をご紹介します。

    仲良しの2人かと思いきや…


    「さっきまですごく仲良さそうに話してたのに、そのあと私にその子の愚痴を言ってきて戦慄した」(19歳/女性/学生)「SNSに2人の仲良しな写真をたくさんアップしてたから『仲良いんだね』って聞いたら『裏ではお互い悪口言ってるよ』って…全然わからん」(20歳/女性/学生)など、女性は「喧嘩をしていても周囲からは仲良しだと思われている」ということが多いようです。

    人付き合いの上手い女性だからこそ、周囲にはわからないように喧嘩をしているのかもしれません。しかし、女性があまりにも巧妙に喧嘩を隠すことができるために「女同士の喧嘩は怖い」というイメージに繋がっている可能性は高いです。

    ひたすら無視し続ける


    「女同士の喧嘩はとにかく無視。ずっと口をきかない。相手から謝ってくるまでずっと無視し続ける」(40歳/女性/主婦)「距離の取り方がよくわからないから、とりあえずずっと無視し続ける」(24歳/女性/会社員)など、女同士の喧嘩は「言い争い」や「殴り合い」などの直接的な攻撃よりも「無視をする」ことが多いようです。

    無視をされることは、直接何かを言われることよりもダメージが大きいと感じる人が多いんだとか。「無視される」=「自分は関心を持たれていない」「存在しないものとして扱われている」というイメージが、大きく傷ついてしまう原因になっているのかもしれません。

    まわりを巻き込む


    「自分1人じゃ太刀打ちできないってわかってるから、まわりを巻き込んでどんどん味方を増やしてる」(28歳/女性/会社員)「友達とか先生とかに喋りまくって、自分の味方になってくれる人とか自分に同情してくれる人を探してる子がいてドン引き」(18歳/女性/大学生)など、女同士の喧嘩は「1対1」ではなく「1対複数」あるいは「複数対複数」であることが多いようです。

    ささいなことから始まった喧嘩が大ごとになってしまうのも、まわりを巻き込んでしまう女性が多いからかもしれませんね。「喧嘩が喧嘩を呼ぶ」という形になってしまい、思わぬところで喧嘩がこじれたり、複雑なものになってしまう可能性もあります。

    終わったことを掘り返す


    「それ、もう終わったことだよね?って話題を出して喧嘩で勝てる材料を増やしていくのが陰湿」(21歳/女性/会社員)「喧嘩とは全然関係ない話を引っ張り出してきて、『あの時もこうだったよね!?ああだったよね!?』って責めてくる」(33歳/女性/主婦)など、すでに解決したことや終わったことを掘り返して喧嘩の材料にする女性は多いようです。

    喧嘩と関係のないことを掘り返してしまうことが、女同士の喧嘩の「ドロドロ」に繋がっているのかもしれません。喧嘩が長引いてしまう原因にもなりそうですね。

    被害者アピールがすごい


    「自分からふっかけた喧嘩なのに、被害者ヅラして周囲の同情をひいてくる女が多い。周りはドン引きなのに気づいてない」(30歳/男性/会社員)「自分は悪くないって顔してる。私はかわいそうだよね?ってアピールがすごい」(27歳/女性/会社員)など、喧嘩の「被害者」であることをアピールする女性は多いようです。

    女同士の喧嘩の場合、喧嘩をしている当人たちの両方が被害者アピールをしていることもしばしば。なお、被害者アピールをする女性の多くは「自分の要求を通したい」「注目されたい」「自分のミスを隠したい」といった心理状態なのだそうです。

    SNSで喧嘩


    「面と向かって言い合えないからツイッターとかラインで喧嘩。延々と続いた後は既読無視…翌日会っても無視…」(18歳/女性/学生)「女はSNSで言い合いしてるのをよく見る。しかもすごい汚い言葉で。色んな人が見てるのに…」(30歳/男性/会社員)など、女同士の喧嘩はSNS上でも行われているようです。

    思わせぶりな投稿をしたり、誰のことかわからないように愚痴を吐いたりできるのがSNS。SNSには自慢げな写真や、他人がうらやむような投稿をする女性も多く見られます。そんなSNSの特徴が女同士の喧嘩に繋がっているのかもしれません。