彼氏への「妊娠報告」は慎重に!報告のタイミング・上手な伝え方とは?

「妊娠したかも…」そんなときには慌てずに、彼氏に報告する必要があります。しかし、報告の仕方を間違うと上手くいくものも上手くいかないかもしれません。ここでは、みんなが幸せになれる妊娠報告の心構えやタイミングを、男性心理も見ながら考えていきます。

  • 妊娠したかも…まずすべきことは?

    「妊娠したかも…」あなたがこんな状況になった場合、喜びや不安が入り混じった複雑な気持ちになるかもしれません。「でも心配しないで!」女性なら誰の身にも起こりそうなことですから、慌てずに「まず、なにをすべきか…」を考えていきましょう。

    ここでは、あなたと授かった子供の幸せな未来のために、大好きな彼氏への妊娠報告のタイミングや伝え方について触れていきます。

    まずは「妊娠したかもしれない」という予兆があったら、パニックになるのは女性として当たり前!でも少し冷静になって、子供のためにも「今すべきこと」を順序立てて考えていきましょう。とりあえず「一人で抱え込まないこと」これが一番大事なことです。

    本当に妊娠しているのか確かめよう


    「生理が来ない…」「なんかおかしい…」「もしかしたら…」など妊娠の予兆を感じたら、妊娠検査薬や産婦人科を受診して、妊娠しているかどうかを確かめましょう。不確かな状況だけでパニックになるのは、あなたにとっても彼氏にとってもいいことではありません。

    まずは確かめること!悩んだり彼氏に報告するのは、それからでも遅くありません。妊娠がわかったらやることはたくさんあります。彼氏に報告する前に、一人でできることは淡々とこなしていきましょう。彼氏に報告する前にあなたが冷静になりしっかりすることで、状況も良くなっていきます。