「図々しい」の意味!図々しい人の特徴やエピソード・対処法も紹介!

「図々しい」とは、一般的に人に迷惑をかけても気にならない態度や行動のことを指し、本人はそんな自分の態度に気が付いていないケースが多いようです。こちらの記事では、人から「図々しい」と思われがちな行動や言動についてご紹介します。

  • あなたの周りにも「図々しい人」いませんか?

    図々しい人って、どこへ行っても一人はいますよね。今まさに「図々しい同僚・後輩・ママ友にイライラしている」という人も多いのでは?あなたの近くにいる図々しい人たちは、なぜ、周りの人を不快にさせるような発言や行動をしてしまうのでしょうか。

    今回は、図々しい人の心理や特徴をエピソード付きで紹介します。図々しいという言葉の意味や対処法も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
  • そもそも「図々しい」とは

    「図々しい人」とは言いますが、そもそも「図々しい」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?図々しい人の心理・特徴の前に、言葉の意味を確認していきましょう。

    「図々しい」の意味


    「図々しい」とは、人が嫌な思いをしたり、迷惑を被るような発言・行動をしたりしても、反省せず何食わぬ顔でいる様子のことを指します。

    「あの人って、本当に図々しいよね」というように、基本的に人の態度や行動を批判する意味で使われるため、あまり言われたくない言葉のひとつです。

    「図々しい」の類語


    図々しいの類語には、「図太い」「厚かましい」などがあります。どちらも「周りの反応を気にしない」という、図々しいと似た意味を持つ言葉ですが、使い方によっては違うニュアンスを含むことも。

    図太いは、主に「神経が図太い」などの批判的な発言に使われますが、「人のことばかり気にしてくよくよ悩まないほうがいいよ」という意味で「図太くなったほうがいいよ」と言われることもあります。

    厚かましいは、主にビジネスシーンで、図々しいよりもへりくだった表現として使われます。「厚かましいお願いで申し訳ないのですが…」などが良い例ですね。この言葉には、「迷惑がかかるとわかっていながらお願いして申し訳ない」という、謝罪の気持ちも含まれています。