【彼氏と話すことがない】実は仲良しの証拠?原因と解決法を解説!

  • 会話が続かないカップルの特徴

    会話が続かないカップルは、いつもどういう会話をしているのでしょうか。会話が続かないカップルの特徴をご紹介します。あなたはいくつ当てはまりますか?

    自分がどう思われているか気にしすぎている


    会話が続かないカップルには、自分がどう思われているか気にしすぎている人がいます。自分が振った話題で相手が嫌な気持ちになったらどうしようと不安になったり、話題のチョイスを間違えてしまったのではないかと心配してしまう人達です。

    相手のことが好きで大切だからこそ、もっと好きになってもらいたいですし、変なことを言って嫌われたくないというのが恋心。しかしあまりにも相手の反応を気にしすぎてしまうと、話したいことも話せなくなってしまいます。

    彼氏にどう思われているか気にすることは悪いことではないですが、あなたのことが好きで付き合っているのだから、あまり気にしすぎず、会話を楽しんだ方がいいでしょう。

    返答がいつもワンパターン


    会話が続かないカップルは、どちらかの返答がいつもワンパターンであることが多いです。彼氏に一生懸命話をしても、「あぁ」「うん」「そうだね」などのコメントのみだけだと、興味ないですという感じが伝わりすぎて、こちらも話す気がなくなってしまいますよね。

    逆に彼氏の話が難しすぎたり、あなたの興味のない分野の話だと、あなたも返答がワンパターンになっており、彼氏も話すことがないと思っているのかもしれません。

    相手の話をちゃんと聞かない


    会話が続かないカップルは、お互いに相手の話をちゃんと聞かないことが多いです。どちらも一方的に勝手に話して、自分の話したいことだけ話してあとは聞かないという、一方通行になりがちの人も。

    相手の話をちゃんと聞かないのが普通になってしまうと、これから先大事な真面目な話をしたい時もちゃんと相手の話を聞けず、もっと信頼関係を築きたいと思っても、なかなか難しくなってしまうでしょう。

    自分の話に興味ないだろうと勝手に決めつける


    会話が続かないカップルには、最初から相手は自分の話なんて興味がないだろうと決めつけてしまっている人もいます。「趣味が違うから」「仕事の業種が違うから」と自分と相手が違うところばかりを見つけ、興味がない理由を勝手に考えてしまう人です。

    違うバックグラウンドを持つ人間同士が惹かれ合いカップルになっているのだから、勝手に相手の価値観を決めつけず、自分のことをもっと積極的に話してみるといいでしょう。

    お互い口下手


    会話が続かないカップルは、単にお互いが口下手の可能性もあります。お互いが口下手だとわかっていて、会話が続かなくても気を使ったり、緊張したりしないならば、会話が続かなくても問題ないでしょう。