【彼氏と話すことがない】実は仲良しの証拠?原因と解決法を解説!

  • 彼氏と話すことがない理由って?

    最初はたくさん話していたのに、どうしてだんだん彼氏と話すことがなくなってしまうのでしょうか。決して好きな気持ちに変化があったわけではないのに、話すことが何もない。そういうカップルはたくさんいます。では彼氏と話すことがない理由を考えてみましょう。

    お互いの興味関心が違う


    彼氏と話すことがない理由で多いのが、お互いに興味があることや関心があることが全く違うタイプ。

    例えば彼女はコスメやメイク、ダイエットや旅行などに興味があり、彼氏は車や音楽、スポーツやDIYなどに興味があるカップル。お互いのことを好きな気持ちはあっても、話すことがないのも無理はないですよね。

    カップルになったからといって、無理に相手の興味があることに自分も興味を持たなきゃいけないわけではないですし、自分の興味があることを相手に押し付ける必要もありません。

    ただ会話がないことで悩んでいるならば、相手の興味があることに自分も興味を持ってみて、お互いの趣味をシェアできるといいですよね。

    そもそも彼氏が無口な性格


    そもそも彼氏が無口な性格をしている場合もあります。男性の中には女性のようにペラペラとずっと話を続ける人もいますが、それは少数派。多くの男性は女性より話回数が少ないですし、そういう性格なだけ。

    そういう無口な彼氏を好きになったのだから、会話が少ないからといって悩む必要はないですし、彼氏も無理に話をしなくていいからあなたのことを好きになったのかもしれません。

    会話がなくても居心地が良い証拠


    彼氏と話すことがないというフレーズだけを聞くと、なんとなく冷たいネガティブな印象を持たれるかもしれませんが、「彼氏と話すことがなくても好き」「別に話をしなくても気にしない」と変えれば、会話がなくても居心地が良い証拠になります。

    お互いに元々口数が少ないカップルは、会話がなくても一緒の空間にいることで安心し、幸せを感じることができるでしょう。

    彼氏のことを知りすぎている


    彼氏と話すことがない人の中には、彼氏のことを知りすぎているから話すことがないという人も。付き合い始めに彼氏のことを事細かく調べあげて、彼氏の情報を1から10まで知っている人は、彼氏とわざわざ話す必要はないですよね。

    彼氏のことが好きで好きでたまらないが故に、彼氏が自分のことを話す前に、全てを知っておきたいと思ってしまう人もいるようです。

    LINEで話すからいざ会うと話すことがない


    会うと話すことがない人でも、LINEではちょこちょこ話しているというカップルは多いです。会うとなぜだか上手く話せないけれど、毎日LINEで少しずつ連絡は取り合っているし、LINEだと何気ないことも送りやすいという人も。

    毎日LINEで話をしている人は、確かに会ったら話すことがなくなってしまいそうですよね。