警察官との結婚生活って幸せ?「警察官の旦那」実態を奥さんに直撃!

  • 警察官の旦那さんと幸せな結婚生活を送るには?

    家庭を空けることが多くて、精神的負担が大きい警察官の男性。そんな警察官の男性が旦那さんになった時、奥さんとしてどのように支えるべきでしょうか?特殊な職業の男性と結婚する場合は、色々なことを心得ておかないと苦労をするでしょう。

    果たして警察官との結婚は幸せになれるものでしょうか?ここでは、「警察官と幸せな結婚生活を送る方法」をまとめてご紹介していきます。

    仕事を寛大に受け入れる


    まずは、警察官という仕事を広い心で受け入れてください。家族みんなで団らんをする時間は、理想より少ないです。一緒にいてほしい時にも呼び出されることがあるでしょう。それは思い描いた結婚生活とは少し違っていて、ほかの家庭が羨ましく感じるかもしれません。

    それでも、警察官という責任感ある職業を選んだ男性は、「人の役に立ちたい」という志から選んでいます。仕事に対する誇りを、結婚をした妻としても支えてあげたいもの。そこに小さな幸せを感じられる、そんな奥さんを目指しましょう。

    仕事のことは聞かない


    警察官の旦那さんを持つと、どんな事故があって、事件の犯人がどんな人だったのか?などが気になってしまうはず。でも警察官は、秘密を守らなければなりません。奥さんにも話せないことがたくさんあります。

    そして、家にいる間は仕事のことを忘れたいと感じるでしょう。一歩外に出ると「警察官だから」という理由で、休憩することもままなりません。旦那さんが話したい時には、親身になって聞いてあげれば奥さんとしての役割をしっかり果たせます。

    ある程度の覚悟もする


    これから警察官と結婚をする、または結婚をしたい人は「警察官の妻」になる覚悟もある程度された方がいいでしょう。警察官は信頼姓が大切な職業なので、軽率な行動もできません。恋人や、結婚相手の身辺調査も極秘で行われることもあります。

    転勤についても、あらかじめ理解をしておきたい部分です。結婚をしてすぐに転勤することもあります。警察官と結婚をすると幸せになれないのでは?というイメージにもなりますが、決してそういうことはありません。ただ、一般的な結婚生活とは少し違う部分が多いです。

    癒せる場所にする


    警察署はピリピリと張り詰めた空気の職場です。市民の手前、どうしても油断ができません。警察署の多くが精神的に追い詰められてしまっています。精神的苦痛に耐えられずに、警察官を辞める人も実はたくさんいるんです。

    結婚相手には、「安らぎと癒しを求めたい」と願う男性が多いのも、心が病むことが続いてしまうからでしょう。明るくて優しい奥さんがいれば…と思っている男性がたくさんいます。

    自分磨きをする


    警察官は横のつながりを大切にしている、悪く言えばやや古臭い体制があるのが特徴的。警察学校で集団生活を送るというところから、横のつながりを大切にしています。結婚をすると同僚や上司に紹介される場面はとても多いので、自分磨きは欠かさずに頑張りたいところ。

    奥さんの身だしなみや素性は、警察官の出世にも関わってしまうこともあります。あまり派手すぎず、清楚な奥さんでいることが望まれてしまうでしょう。その辺りに不満が生まれてしまうかもしれません。

    警察官の外見のイメージはとても大事なので、奥さんにもそれが当てはまります。こういったことを踏まえて、警察官との結婚を考えなくてはなりません。