アラフォー独身女性には特徴があった!?結婚できない理由も解説!

結婚だけが人生のすべてではありませんが、アラフォー独身女性に対する風当たりは強いようです。アラフォーまで独身でいる原因は何なのでしょうか?アラフォー独身女性に対する男性の本音やこれから結婚する方法、婚活ストレスの解消法もご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

  • アラフォーで独身なのには理由があった!?

    現代では女性の平均初婚年齢は年々上昇し、女性が30代で独身でも普通と言われる時代となりました。しかしながら、30代の未婚女性にとっては、結婚はとてもデリケートな話題です。特に、40歳が視界に入ってくるアラフォーともなれば、今後の結婚の可能性の有無によって人生設計を見直す必要があるでしょう。

    十人並みの容姿で性格も悪くなく、仕事や友達付き合いなど普通の生活を送っているのに、結婚できた女性もいればアラフォーになっても独身のままの女性もいますが、その違いはどこにあるのでしょうか?

    アラフォーで独身の女性の割合はどれくらい?


    厚生省の施設等機関である国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、40歳の女性が独身の割合は2015年のデータで約20パーセント、5人に一人が未婚という結果が出ています。

    女性の初婚の平均年齢は、2014年から2017年の4年連続で29歳となっています。もはやアラサーでの結婚が社会に浸透した感がありますね。

    アラフォー独身女性がその後結婚する可能性は?


    アラフォーまで結婚できずにいた女性ですが、今後も結婚する可能性がないとは言い切れません。

    しかし、いわゆる結婚適齢期の時に結婚までいかなかったとなれば、これからも同じように待っているだけでは結婚できないままかもしれません。

    本気で結婚相手を望むのならば、今までよりいっそう本腰を入れて婚活に挑む決意が必要です。

    世間は身近なアラフォー独身女性をどう見ている?


    アラフォー独身女性が気になるのは、やはり家族、特に両親です。我が娘がアラフォーになっても独身となれば、親として心配になるのも当然かもしれません。他の兄弟姉妹や知り合いの娘さんが結婚していれば、「なんでうちの娘だけ結婚できないのだろう」と本人より親の方が焦ることもあるようです。

    またアラフォーともなれば、職場の同期たちも次々に結婚して独身なのは自分だけ、ということもあります。周囲には「彼女は結婚しないのかな? もしかしてできないのか? 将来はどうするつもりなんだろう」と、好奇心を刺激したり、話題に気を使わせてしまうのもアラフォー世代の独身女性ならではの特徴です。

    男性にとってアラフォー独身女性は結婚対象外?


    独身生活から抜け出すには結婚相手が必要ですが、男性にとってはアラフォー女性は結婚対象となるのでしょうか?

    婚活サイトや結婚紹介所では条件が重視されますから、若い女性と比べて出産の可能性が低いアラフォー女性は不利になる傾向がありますが、恋愛結婚では性格やフィーリングが第一です。実際、40代になってモテ期が来たという女性もいますから、交際相手次第では結婚も考えられるでしょう。

    恋愛対象は逆に若い時よりも広がり、大人の女性に憧れる年下男性も視野に入ってきますが、アラフォーまで独身なのを結婚の意志がないと見なした遊び人や、既婚男性にもモテるようにもなりますので、慎重な見極めが必要です。
  • アラフォー独身女性のあるあるな悩みって?

    アラフォーになって周りの友達はみんな既婚、夫婦の問題や子育てに頭を悩ませているのに、自分はいまだに結婚相手も見つけられずにいれば、一人取り残された気持ちになるものです。

    今の生活にそれなりに満足しているけれど、時々「私、これからどうなるんだろう?」と不安に襲われることも。

    そんなアラフォー独身女性ならではの、あるあるな悩みをご紹介します。

    昔の友達に気を遣われる「結婚報告で謝られた」


    「学生時代からの友達の結婚報告で『ごめん』って謝られました。一緒に婚活していた友達だけど、謝る必要なんてないのに……」(40代女性)と、気を遣われるのは逆に辛いですよね。

    「久しぶりに地元の友達に会った時、子供はいるかと聞かれたのでまだ独身だと伝えると、速攻で話題を変えられました」(30代女性)。タブーに触れたと思われたのでしょうか。腫れ物扱いされるのも居心地が悪いものです。

    「友達の子供が私を『おばちゃん』と呼んだのを、顔色を変えて注意した友達。気遣いはありがたいけど、逆に傷つきます」(30代女性)と、ふとしたことで変に気を遣われているのが分かるのもいたたまれない気持ちになりますね。

    結婚してない理由を聞かれる「デリカシーがない」


    「職場の新人の女の子に『美人で仕事もできるのになんで結婚しないんですか〜?』と無邪気に言われるのが鬱陶しいです」(30代女性)、「親戚が集まると『なぜ早く結婚して、親に孫を見せてあげないのか』と責められるのが苦痛です」。好きで独身でいるわけではないのに、「なんで?」と理由を聞かれるのは辛いですね。

    「誰も結婚したくないなんて言っていないのに、仲良しの後輩に『結婚っていいものですよ』と結婚をすすめられます。デリカシーがないと思います」(40代女性)。アラフォーで独身だと、結婚に興味がないと思われることもあるようです。

    結婚できない理由が分からない「自然に訪れるもの」


    「正直、自分でもなぜ結婚できないのか分かりません。自分を改善したく、親友に客観的な意見を聞いても『見る目のない男だった』『あんな男に○○はもったいない』と庇われるだけなので、自分の何がダメなのか分からずじまいです」(30代女性)。優しい友達や、友情を大切にする友達なら、アラフォー独身の友達に意見しにくいかもしれません。

    「自分よりルックスも仕事ぶりも収入も劣る友達がどんどん結婚してるのに、私が結婚できない理由が分かりません。結婚は自然にするものだと思っていたから、なんでみんな結婚できるのかが不思議です」(40代女性)。スペックだけでなく、結婚相手を見つけるには相応の努力も必要ですね。

    独身男性との出会いがなく焦る「素敵な男性は既婚」


    「女性が多い職場なので、家と職場の往復では出会いがありません。アラフォーにもなると友達の紹介もなくなり、新しい出会いがないのが悩みです」(30代女性)、「出会いを求め、女友達と飲みや遊びに行くのですが、アラフォーだと分かると冷たくなります」(40代女性)など、アラフォー女性ともなると、恋愛対象となる男性との出会い自体が少なくなるようです。

    「素敵な人はみんな既婚者です。独身男性との自然な出会いがないので、婚活サイトへの登録を考えています」(40代女性)。素敵な男性が既婚者なのは世の常です。アラフォーで結婚したければ、自然な出会い以外にも方法を考えた方が良いのかもしれません。

    親に結婚を急かされる「自己嫌悪」「苦痛」


    「顔を合わせるたびに『良い人はいないのか?』『結婚はしないのか?』と聞かれるのが苦痛です」(30代女性)と、親に結婚を急かされるのが悩みという女性も多いようです。

    「親に『結婚は?』と小言を言われるたびに、良い返事ができない自分に自己嫌悪です。将来、私が一人で生きていくのを想像すると、母は夜も眠れないそうです」(40代女性)と、娘を思う親心に、自分を責めるアラフォー独身女性もいます。

    「『結婚したい人がいない』という私に、『見合いでも良いから結婚しろ。昔はみんな見合いだった』という親。私の気持ちを尊重してくれないのが悲しかったです」(40代女性)と、親世代との考え方の違いに悩む女性もいます。

    焦ってないだけなのに「強がり」「身の程知らず」


    「子供を希望していないので、結婚も自然な流れでできれば良いと思っています。しかし、周りには強がりと思われているようです」(30代女性)と、アラフォー独身女性が結婚に焦っていないと、結婚を諦めた、または強がりと思われることもあるようです。

    「妥協するぐらいなら結婚しなくても良いと思っていますが、友達には『身のほどが分かっていない』と傷つくことを言われました」(40代女性)。結婚は義務ではありません。したいと思う男性がいないから結婚していないだけなのを、自分に合わない高望みをしていると思われるのは悲しいですね。