もう会えない…好きな人を諦めるべき?【状況別】辛い片思いの対処法

  • 「もう会えない」辛い片思いの対処法《その2》

    積極的にアピールする人もいれば、逆に、会えない気持ちを自分の中で消化してしまう人もいます。案外このような人のほうが多いのではないでしょうか?切ない片思いをどのように消化しているのか見ていきましょう。

    会えない気持ちを書き記す


    「毎晩寝る前に好きな人を思う気持ちを日記に書いてます。そして、明日会えることを願いながら眠りにつきます。」(23歳/女性/事務職)、「会えない気持ちが募ったら秘密のノートに書きます。後で読んだら詩人か?と突っ込みたいようなこと書いてて笑えます」(32歳/女性/公務員)

    気持ちを整理するときに、紙にその気持ちを書き記すと良いと言われています。良い感情も悪い感情も書くことで自覚することができますし、それによって精神を安定させる作用があるからです。

    人を好きになると、思いが強すぎて正常な判断ができなくなってしまうこともありますから、自分の感情を書き記す方法はとても有効な対処法といえるでしょう。

    片思いはこんなものと我慢する


    「片思いだから会えないのは当たり前。だから何もしません」(20歳/女性/大学生)、「会えない時間は、好きな物を食べたり好きな漫画を読んだりして欲求を他に向ければ大丈夫。」(30歳/男性/会社員)

    会えないからといってジタバタする人ばかりではありません。彼らのように好きな人に会えない時間を自分なりの過ごし方で過ごす人もいるのです。

    最近では、恋愛にそれほど熱くならない人も多いですから、片思いの人がいても、時間を割いて会いに行ったりするほど夢中にはならないという人もいます。このように、片思いの過ごし方も違ってきているのは時代の流れといえるでしょう。

    会えない時間を楽しむ


    「好きな人を思いながら勝手に想像めぐらせてるほうが僕は好きかも。」(21歳/男性/会社員)、「好きな人に無理に会いたいと思いません。それより次に会ったときのためにファッションやメイクのことを考えて過ごします。」(28歳/女性/美容師)

    好きな人に会えないとしても、会えない時間を自分なりに楽しむ人もいます。ある意味、恋に恋しているような印象でもあり、自分の時間は自分のために使いたいといった気持のあらわれでしょうか?

    恋にもイメージトレーニングは大切ですし、会った時のことを意識して自分磨きをするのは良いことです。これらのことから、いまや、片思いは切なく忍ぶ恋ではないことがわかります。

    自分磨きして次の再会を待つ


    「自分磨きして好きな人に会える時をひたすら待つ」(23歳/女性/看護師)、「片思いの彼女は筋肉好きだから、今度会う時までにマッチョになっておこうと思う」(28歳/男性/塾講師)

    好きな人と会えなくなっても、いつかまた会えると信じて自分磨きに精を出す人もいます。確かに別れは一生ではありませんし、生きていればどこかで偶然に会うこともあるでしょう。

    そのときにイケてない自分よりも、素敵な自分になっていたい気持ちは理解できます。今は好きになってくれなくても、再会したときに好きになってくれる可能性もあるわけですから地道に努力を積み重ねることは大切です。