もう会えない…好きな人を諦めるべき?【状況別】辛い片思いの対処法

  • 好きな人と会えなくなったら諦めるべき?

    では、好きな人と会えなくなったら諦めるほうが良いのでしょうか?

    たいていの人は、好きな人に会えなくなると思っただけで気持ちが沈んでしまいます。しかし、永遠に片思いを続けることも不可能です。そのため、告白するか、それとも諦めるかを考えなければなりません。

    ここでは、諦めたほうが良い片思いと諦めるべきじゃない片思いについて詳しく解説していきます。

    諦めた方がいい片思い①すでに恋人がいる


    すでに好きな人には恋人がいる場合、あなたが好きになっても好きになってくれる可能性は低いです。好きな気持ちをアプローチすれば、その恋人と揉めて修羅場になることも十分考えられるため諦めたほうが良いでしょう。

    諦めた方がいい片思い②肉体関係から始まった恋


    異性と勢いで肉体関係を持ち、その後好きになって始まった片思いは、相手が恋愛に発展させる気があるかどうかで見極めましょう。もしも、いつまで経っても恋愛モードにならないなら、それは利用されただけ。すぐに諦めたほうが良いでしょう。

    諦めた方がいい片思い③好きな人がモテる人


    片思いの相手がモテる人なら常にライバルに苦しめられます。その為、必然的にあなただけを見る可能性は低くなります。

    もちろんモテても一途な人はいますが、その人がチヤホヤされることに喜びを感じる人なら、一人を幸せにすることに向いていない人なので諦めたほうが良いかもしれません。

    諦めるべきじゃない片思い①相手に諦める要素がない


    片思いは、両思いを夢見ながら切ない思いを持ち続けることになりますが、切なく辛いことばかりの中にも楽しさがあるはずです。そんな「諦める必要がない片思い」についてもご紹介します。

    例えば、片思いは切なく辛いのが定番ですが、先ほどお伝えした3つの諦めたほうが良い要素が相手にないのなら、両思いになれる可能性は十分あります。

    もし相手に諦めるべき要素が見つからないのなら、可能性を信じて片思いを成就させましょう!

    諦めるべきじゃない片思い②相手に嫌がられていない


    片思いしてることが相手に伝わっても、相手があなたを嫌がらなければ脈ありと思っていいでしょう。それが、たとえ1%しかない可能性でも諦めるべきではありません。

    諦めるべきじゃない片思い③相手が自分を知らない


    片思いの相手があなたを知らないなら、まずは自分の存在を相手に知らせてみなければ始まりません。結果はどうであれ、相手の反応を知ってから諦めるほうがすっきりするはずです。